【稲内監督】~アスリート合宿を終えて~

図1

2018年3月29~30日 アスリート合宿

2日間アスリートT.Bチームで合宿を大津市皇子山で行いました。

今回の合宿は

『個の力の向上~アスリートクラス全員で数をこなしてチーム全体の力をあげる』

というテーマを掲げました。

図3図4

2日間ともに午前中は投手・内野手・3班分けで普段の練習ではなかなか時間を使えない基礎の練習に時間を費やしました。

必死にバットを振り、必死にボールにくらいつき、トレーニングも頑張り数をこなしてくれました!

午後からは1日目は皇子山球場を使用させて頂きT.B関係なく2チームに分けミックス試合をおこないました。

図9図15

自分達でサインを出したり打順ポジションを決めさせ、思考力と協調性の育成を図りました。

普段コンビを組まない二遊間でTの6年生がBの選手にポジショニングや牽制の動きなどのコミュニケーションをとっていた姿など、それぞれ課題を持ってマウンドに上がった投手陣、少しずつですが、成長を感じました。

図18図20図21

宿舎では普段生活を共にしない選手同士で楽しくコミュニケーションをとったり隙間時間には樫原コーチに教えてもらったトレーニングをやっている選手。

また、「普段から毎日してるからストレッチしても良いですか?」

と聞いてくる選手がいました。

夜のミーティング後も各部屋でミーティングを行い、起床時間よりも早く起き全体ミーティングを選手達で発案し行ったりと我々が思っていた以上に良い時間の使い方をしてくれました。

ミーティングで出た課題を意識しながら2日目の午後の試合ではTチームvsBチームに分かれて行いました。

図22

試合結果はTチームが大差で勝ちましたが、点差以上に7イニング最後まで課題をチーム全体で意識してやり通せた事。

全員を打席に立たせてあげられた事。

また新たな課題がたくさん出た事。

良い収穫がありました。

今回Tチームの夜ミーティングで出た大きなポイントチームの決め事を覚えていますか?

合宿に参加してくれた選手は大丈夫だと思いますが、参加できなかった選手と共有をしないといけません。

選手間で伝えあって欲しいので、あえてここには答えは書きませんが

・新コーチの有水コーチから話してもらった点数の話。

・監督から話した全員野球とは?

・守備の前に統一してやること。

・スパイクのこと

図13図16

他にもありますが以上の4つに関しては徹底して共有して貰いたいと思います。

今回の合宿では涙を流す選手も何人か見られました。

それぞれに涙の意味は違うと思いますが、好きな野球で小学生の時期から涙を流せること。

素晴らしいことだと思います。

この子達と野球をする事はとてもかけがえのない事だと改めて思った2日間でした。

またこの合宿には、新中1の2人がサポートメンバーとして参加してくれました。

2人の協力もあり良い合宿になりました。本当にありがとう。

また、渡部コーチが昨日を最後にアカスポを卒業されました。

短い期間でしたがアスリートチームに多くの物を残して頂きました。

ありがとうございました。

今後のご活躍を期待しています。

最後になりましたが本当に充実した2日間を送ることができましたが、大事なのはこの後。

この合宿を良いきっかけにチームは成長していかなければいけません。

選手達と共に頑張っていきます。

今後もアカスポではこのような機会をどんどん作っていきたいと思います。

アカスポアスリート Tチーム監督 稲内 基

DSC_4627

2018年3月31日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【山田コーチ】~アスリート合宿を終えて~

図3

3月29日30日大津市皇子山総合公園んでアスリートクラスの合宿を行いました。

合宿をして良かった点は、大きく2つあります。

1つ目は、投手・内野手・外野手と3つに分けてそれぞれに合った練習を行う時間を作れた事です。

普段の週に1回の練習時間ではなかなか作れないのですが、この合宿で基礎から練習することができました。

特に外野手の時の基礎メニューは、平日でも公園に行くとできるような簡単な練習だと思います。

図2

自分はまだまだできていないと思う選手は、このように練習時間で教わったメニューを自主練習に取り入れることも考えてみてはどうでしょう。

2つ目は、チームでのミーティングの時間を多く取れた事です。

4月から新チームとしてまた始動していく前に、もう一度目標などをチーム全員で共有することができました。

しかし、ミーティングの時間を多く取れたと言っても選手たちは時間が足りなかったのでしょうか。

図6図8

夜の自由時間を使って話し合っている選手たちがいました。

この意識の高さに正直驚きました。

しかし話し合ったことをチームで共有して、チームに浸透させていかなければなりません。

図9図12

この2日間でチームで話し合った内容、技術面で教わった事、たくさんあると思います。

家に帰って個人個人が、自分の中で整理して次回の練習に繋げていくことが大切です。

図19図21

合宿の2日間本当にお疲れ様でした。

次回の練習の時、合宿で学んだ事が活きていることをコーチは期待しています。

アカスポアスリートBチームコーチ 山田

DSC_4627

2018年3月31日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~復活・飛躍・ひとつの糧~

図2

2018年3月24日(土)

天下一品杯の敗戦後、初の練習試合をおこないないました。

相手はTKドラゴンズさん。

課題の投手陣の中で今回、先発に指名したのは新6年生。

普段は副キャプテンとして内野を引っ張ってくれている選手でチームの中で一番コントロールに定評のある選手です。

天一杯の経験を踏まえて試合を作れる彼を選びました。序盤から味方の守備の乱れもあり失点を許しましたが…守備に関しては新たに適性を見る為、試合ではまだ守ったことのない不慣れなポジションの選手が数人いた事もあり、エラーが多数でましたがある程度、仕方ない部分もあります。

そんな中、気持ちがきれても不思議ではない中、よく我慢して投げてくれました。

そのあと、相手の四球から打線が繋がり逆転に成功。

この試合からここ最近の練習から取り入れている『考えなさい』のサインをあえて多めに使いました。

公式戦では、滅多に使うことは無いと思いますが、練習や練習試合では使うようにしています。

監督からサインを出されて

「この場面ではこのサインがある」と覚えるのももちろん良い事だと思いますが、選手ひとりひとりが自分で考え、工夫してやる野球がアカスポのスタイルなので取り入れました。

実際にサインを出すと選手個々で工夫ができている選手が何人かいたので収穫です。

さて試合は6-4の2点リードで最終回を迎えました。

ここまで好投の6年生に代えて天一杯でも先発した5年生エースを登板させましたが、いつもの躍動感あるピッチングには程遠く、、四球連発にエラーが重なり逆転を許しサヨナラ負け…

公式戦なら間違いなく、6年生投手を続投させましたが、練習試合ということ。

天一杯から対外試合の登板が遠ざかっていた事。

もちろん彼への期待、信頼も踏まえて今回の試合では勝っていても負けていても最終回、1イニングを任せると決めていました。

彼も天一杯の反省から色々と考えているようですが、良いところがなくなってしまっている現状復活に向けての指導はもちろん。メンタル的なとこもあると思うので、コミュニケーションをとりたいと思います。

結果、負けてしまったので監督として采配ミスになってしまいましたが、彼の復活なしにしてチームの飛躍はないと思っているのでこれも一つの糧にしないといけないです。

負けはしましたが、野手陣にも収穫がありました!

6番ライトでスタメン起用したN。

頭を越されそうな打球を背走しながらナイスキャッチ。

その他の打球も無難にさばき、タッチアップの場面でも難なくプレーしてくれました。

バッティングも2安打。

彼は足が使える選手なので今日のようなプレーを続けてくれて1番で起用できるようになると攻撃のバリエーションが増えるので引き続き彼のアピールが楽しみです。

2試合目も0-7で敗戦となりましたが、

天一杯前の練習試合ではあまり出場機会を与えてあげられなかった選手を全員、起用できた事もあり収穫ありとなりました。

2試合目を振り返ってもやはり課題は投手。5年生を中心に登板しましたが、四球が多く。厳しい結果となりました。やはりピッチャーはコントロール。課題は山積みですが、何とか克服していきたいと思います。

今回は練習試合をして下さったTKドラゴンズさん。ありがとうございました。きぬかけ杯でリベンジしたいと思います。

最後になりましたが2試合、塁審を快く引き受けて勤めて頂きました保護者の皆様をはじめ、選手に熱い声援を送って下さった皆様。いつも本当にありがとうございます。

まだまだ、これからのチームですが選手達と共に精進して参ります。

引き続き、温かい応援よろしくお願いします。

アカスポアスリート Tチーム監督 稲内 基

2018年3月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~自信を持ってほしいポイント~

図5

3月25日 (日) アカスポBチーム
天下一品杯の2回戦が行われました。

結果は負けでしたが、チームとしてやるべきことはできていた試合だったと思います。

この天下一品杯の初戦では、試合前のアップからいつものチームの雰囲気を出せていなくて、普段通りでいられませんでした。

しかし、今日の2回戦ではアップから良い雰囲気で試合に入れました。

その結果、初回に先制点を取ることができました。

しかし、その裏に逆転されてしまいました。

今までのBチームは、ここで意気消沈し、ずるずるといってしまっていましたが、今日はここからまた同点に追いつくことができました。

図7

同点に追いつけたこと。ここが今日感じた一番の成長できたポイントです。

つまり、自信を持ってほしいポイントでもあります。

あの時、選手たちが「やってやるぞ。」という気持ちで、全員で戦えている瞬間だったと思います。

あの雰囲気を忘れないで欲しい。

試合前のアップで前回と同じ失敗をしなかったこと。
今までになかった試合展開にできたこと。

これは、一人一人が自分なりに反省して、改善しようとしているからできていることだと思います。

今日の試合も、成長の糧にして下さい。

負けてはしまったけど、着実に力を付けることができていると思います。

ただ、まだまだ力不足。これからもレベルアップするために日々練習するのみです。

私もコーチとして、すごく悔しかったです。

悔しい思いを忘れず、勝利の喜びを君たちと味わいたい。

強い気持ちを持って、これからも頑張っていきましょう。今日はお疲れ様でした。

アスリートBチームコーチ 山田拓弘

図6

2018年3月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~今ありて未来も扉を開く~

図1

3月25日(日) 太陽が丘第3グラウンド
天下一品杯2回戦 VS 亀岡リトルイースタン

7ー10 敗戦

負けました。
悔しいです。
この記事を書いている今も悔しさが込み上げてきます。完全な力負けではないです。やるべきことも出来ていました。なぜ勝てなかったのか…それを考えていくと、また悔しさが込み上がってきます。

「勝ちの中からの学び」を大切にしているので、この敗戦は悔しくてなりません。

しかし、悔しくても時間は過ぎていくし時間は戻ってきません。
振り返りをしていこうと思います。

図2

まず反省点を、フライが上がったときの声かけです。
フライが上がったところに走る野手は基本的に、「自分が捕る」と必死で走ります。周りの野手は、どの選手が捕球に適切か判断し声を掛けてあげるのが最善ですが、それが出来ませんでした。
これは普段の練習から、ゴロ捕球と送球に力を入れてきた代償です。週一度の活動の我々としては、この部分をどのように選手に伝え練習できるかが大切だと感じます。

次に、良かったところを書いていきます。エースの立ち振舞いに今後の期待感が高まりました。先発ではなく、9番ファーストでのスタメンでしたが初回の相手の猛攻の時も先発投手に声をかけ続けチームを鼓舞し、打つ方では一時同点に繋がるツーベースヒット、最終回のマウンドでのピッチングは正にエースでした。

他にも、2番セカンド・4番レフト・7番ピッチャーにもヒットが出ました。打撃陣は頑張りました。8番ライトの選手も公式戦初出場ながら、しっかり力強いスイング出来ていました。投手も初回に7点を取られながら、踏ん張った先発投手には今後に期待です。彼の「エースになりたい」そう思う気持ちはプレーに現れています。一緒に成長していきたいと思います。

書いていくと、また悔しさが出てきます。
選手たちは、やるべきことを理解し実践し力を発揮しました。しかし勝てませんでした。チーム力は、どこにも負けません。でも、負けました。何が足りないのか。それは、個人の技術力だと考えています。選手に原因はありません。監督である私の指導力不足です。「チーム力」という長所を伸ばしながら、個人の成長を図ります。

図3

アカスポは週1度のチーム活動です。
選手たちには、週1度の活動で自身の課題を見つけ改善するための平日の過ごし方をして欲しいです。そして、チーム活動へは目的を持ってきて欲しいです。ここから、もう一度成長していかなければなりません。私も成長します。必ず成長します。

チームは本気で、天下一品杯の優勝を目指しました。でも、出来ませんでした。
しかし、この数ヵ月の選手たちの取り組む姿勢は無駄ではないですし、無駄にしてはいけません。
現在、甲子園で行われているセンバツ高校野球の大会歌「今ありて」の中には、「今ありて未来も扉を開く」という歌詞があります。聞いて、ハッとしました。この悔しい「今」があるからこそ、今後に向けて頑張っていけるのだと思います。
4月には、チームの再編成があります。また、選手たちと共に、未来も扉を開いていきます。

最後になりますが、Bチームの6年生申し訳ない。京都ナンバーワンの6年生に出来ませんでした。
公式戦に出れない中でも6年生の成長は素晴らしく、感動させられました。野球人として尊敬します。ここからが、勝負。

図4

いつも温かい声援をくださる保護者の皆様、申し訳ございませんでした。子供達は頑張っています。誉めてあげてください。そして、またここから一緒に成長していきたいと思います。今後も宜しくお願い致します。亀岡リトルイースタンの皆さん、試合をしていただきありがとうございました。

今後も宜しくお願い致します。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅 倫護

図6

2018年3月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~樫原ヘッドコーチからのメッセージ~

図5

Tチームにあって、Bチームになかったもの、換言すれば、Bチームができて、Tチームに欠けていたもの

Bチームのみなさん、天一杯初陣の勝利、おめでとう!
チームとして、グッドゲームでしたね。
個人的に納得のゆく結果を出せなかった人は、練習で修正しておきましょう。
ゲームに直接出場できなかった人も、今度はスタメンかもしれませんので、きちんと準備しておきましょう。
周りの人みんなが、次回のゲームも楽しみにしていますよ。

さて、野球というスポーツは、ゲーム開始前の円陣の時、具志堅監督が話していたように、三振、四死球、失策、安打、盗塁などの結果は、当たり前のことです。
ただ、ゲームで勝つためには、これらをコントロールしなければなりません。

この日のゲームでは、両チームとも、三振、与四死球、被安打、許盗塁がたくさん出ました。
しかし、アカスポができて、対戦相手ができなかったプレーが、2つあります。

1つ目は、守備のエラーをしなかったことです。
フォアボールやヒットが続いて、守備陣もエラーで脚を引っ張るのが、野球あるあるですが、Bチームは、守備陣がフォローしました。
また、バッテリー自身もホームゲッツーを決めたことは、ナイスコンビプレーでした。

2つ目は、スチールを刺したことです。
スチールを許すことは、キャッチャーだけの責任ではありません。
わかりますよね?
ゲームの中盤、スチールを完璧にアウトにできたことは、ビッグプレーでした。
終盤、スチールを未然に防ぐことにつながりましたね。

図7

技術的には、このようなことが、勝因にあげられると思われます。
それ以外では、満塁の場面や最終回に登板したリリーフ陣が期待に応えてくれたことですね。
次戦も、ベンチワークを含め、全員野球を徹底できれば、結果はついてきますよ。

最後に、Tチームのメンバーに考えて欲しいことがあります。

Tチームにあって、Bチームになかったものは、もうわかりましたね。
決定的な違いは、エラーです。

では、練習でシートノックをすれば、エラーを改善できるのでしょうか?
技術的には正解かもしれませんが、それだけではゲームで通用しません。
ここに、Bチームができて、Tチームに欠けているものが隠されています。
ヒントは、土曜日の練習の最後に伝えた「絶対にやってはいけない3つのこと」に関連しています。
また、この文章中にもキーワードをあげてあります。

このゲームを観戦していたTチームのキャプテン、副キャプテンは、Tチームに欠けているもの
が、観えましたよね?

アカスポアスリートヘッドコーチ 樫原秀文

図1

2018年3月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~微力であるが無力ではない~

図3

3月11日、東日本大震災から7年。
特別な日に伸び伸びとグランドで精一杯プレー出来ることを嬉しく思います。

2018年3月11日(日) 三栖グランド
天下一品杯・1回戦 VS 桂東体振ライオンズ
11ー6(時間切れ・勝ち)

大事な大事な大会の初戦を勝利で終えることが出来ました。
アカスポ・アスリートBチーム発足後、初めての大きな大会に選手も緊張していたようですが、監督である私自身もかなり緊張していました。いつもの野球ノートと過去の練習試合のスコアブックとにらめっこをしていたら、日付は変わり空は明るくなろうとしていました。

自分が選手だった頃には考えられないくらいの緊張感でした。現在、日本の少年野球はほとんどのチームが大会、大会の連続で選手自身が自分の出場している大会を大きく理解すること無く過ごしている気がします。それが悪いとは言いませんが、アカスポの場合はこの天下一品杯を最大の目標にしています。そのため、何としても勝ちたかったのです。

図4

さて、試合を振り返っていこうと思います。

まず、良かったところは投手を中心とした守備だと考えます。先発投手は悔しがっていましたが、大会の初戦の難しいマウンドをよく踏ん張ったと思います。勝ったので次戦があります。そこでのピッチングに期待しています。

2番手投手は、当初は登板予定はありませんでしたが良いリリーフでした。抑えの3番手投手は、抜群の安定感でした。他にも、試合開始まで緊張でガチガチだった捕手も盗塁を刺したり、ピンチの場面でのブロッキングなど成長しています。打撃陣はキャプテンとセンターに良い当たりのヒットも出ました。

チーム「全員」が振れている印象です。口酸っぱく話している「平日の過ごし方が結果に繋がる」を体現しています。

次に課題点を少しだけ。
ヒットを打ったとき、フライを上げたときの走塁です。オーバーランが適当になっている気がします。「常に相手にプレッシャー」を掛けるためにも、オーバーランをしっかりすることで試合終盤の攻撃に繋がるのです。走塁やカバーリングは、目に見えにくいですが重要です。微力ではあるが無力ではないのです。

この「微力であるが無力ではない」ことを積み重ね勝利していきます。

本当に、この試合は選手たちがよく頑張りました。
前日の練習では、新6年生や新中1年生を相手にシート打撃にゲームノック。ボロボロにやられましたが、アリさん軍団Bチームに本気でぶつかってきてくれ、アドバイスをくれ本当にありがたかったです。Bチームの選手だけの勝利ではありません。本当に、試合には出場しないのに本気のプレーを見せてくれる選手たちには感謝です。これも、微力であるが無力ではないことでしょう。

図8

最後になりましたが、試合の応援に来てくれた新中1年生の選手・Tチームの主将・副主将、いつも温かい声援をくださる保護者の皆様ありがとうございます。

次戦は、ドキドキよりワクワクする試合をしたいと思います。応援宜しくお願い致します。
また、桂東体振ライオンズの皆様ありがとうございました。紙一重の試合、ドキドキの連続で大変勉強させていただきました。今後も機会がありましたら宜しくお願い致します。

勝つことに真剣に。
挑戦者として。
次戦も、応援宜しくお願い致します。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅 倫護

図9DSC_3575

2018年3月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~感謝と感動~

図12018年3月11日(日)
本日はBチームの天下一品杯の初戦でした。

結果は勝利することができましたが、朝の集合から選手たちほとんどが緊張しているなと感じました。

試合前のアップから緊張しているのか、少しふわふわしているのか…普段通りの自分たちではなかったような気がしました。

試合に入ってもまだ普段の自分たちを取り戻す事ができていなかった様子。

しかし、1アウト満塁のピンチの場面でホームゲッツーを完成させたのです。

ここから選手たちの緊張が一気にほどけ、普段の自分たちを取り戻したように思えました。

そこからはBチームらしい元気で良い雰囲気の中試合をすることができました。

しかし選手個人と話したり試合後ミーティングを聞いたりしていると、勝利して嬉しいだけではなく反省すべき点・悔しかった点を1人1人が理解できていました。

勝ったから取り返すチャンスがありますが、負けた後にはそれはないのです。次戦までに選手自身がそれぞれ整理し、次戦に活かして欲しいと思います。

そのために私も全力でサポートしていきます。次戦に向けて共に頑張ろう。

図6

そして話は変わりますが、本日だからこそ伝えたいことがあります。

7年前の今日は東日本大震災が発生しました。

選手たちには、アカスポ訓にもあります「今の環境に感謝して」プレーして欲しい。

全ての支えてくれている人に感謝して、その人たちに感動を与えれるようなチームであって欲しいし、そのようなチームになれると思います。

君たちならきっとできる。
チーム「全員で」勝つ野球を見せましょう。

アカスポアスリート Bチームコーチ 山田拓弘

DSC_3572

2018年3月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 『チーム』になる所から再スタート

図1

2018年3月3日(土) 天下一品杯初戦 VS紫クラブ

先週開幕した天下一品杯の初戦に挑みました。

結果から言うと3-13の大敗…

試合前から緊張している選手。普段通りの選手と様々でしたが、良くも悪くも普段通り試合に入れたと思います。

先発投手に指名したのが5年生エース。練習試合や紅白戦で結果をしっかりと出した選手です。しかし、緊張からか自分のピッチングを見失い。

四球からリズムを崩しエラーも重なり失点…

途中から登板した5年生投手もコントロールが定まらず大量失点。

自分達チームがやりたいゲームが全くできませんでした。

自分のピッチングをできなかったエースにとっては悔しい結果になったと思いますが、この結果になってしまったのは緊張をほぐすことができず登板させた監督である私の責任です。

今回の経験を生かして夏に向けて修正し夏には更に成長した姿をマウンドで披露してくれることを期待します。

また、それができるように指導していきたいと思います。

二番手の5年生投手も満塁からの登板でかなり厳しい場面での出場でした…

ただ彼にも言えることは今回の苦しいマウンドを忘れないで欲しいと言うことです。そして同じ場面で堂々と投げられる投手になってもらいたいです。

この2人の5年生投手への期待は大きいですが、他にも5年生左腕や6年生投手も黙ってはいないでしょう。

野手陣でも上位打線で奪った3得点に関しては良かったところだと思いますが、下位になるにつれて打力が落ちるのが現状です。

次に向けて再び全員が競争です。チームを変えるには何かを大きく変えないといけない状態です。

それは選手達にも考えてくるように課題を出しました。

その為には、監督である私自身も指導スタイルを少し変えないといけないと思っています。

野球をする以前に人として当たり前の事、大切な事をできない選手には現状より更に厳しく指導していかなければと考えています。

誰もが好きで始めた野球だと思います。ただ野球が上手い選手にはなってもらいたくありません。

アカスポの野球を通じて人として成長していってもらえるように指導していきたいと思います。

図2

 

「選手のみんなと同じように監督も負けたくないし負ければ悔しい。でも今日の試合で昨年のチームのように負けて悔し涙を流した選手が1人でもいた?

涙を流すことが全てじゃないけど、涙が出るくらい日々の練習からチームメイトと一生懸命になれている?」

 

しっかりとした『チーム』になる所から再スタート。夏には嬉し涙を流せるように頑張ろう!!

最後になりましたが、保護者の皆様。

選手にあたたかいご声援をいただき本当にありがとうございました。

残念な結果になってしまいましたが、夏には更に上を目指せるチームになれるよう指導させていただきます。今後ともご声援よろしくお願いします。

アカスポアスリート Tチーム監督 稲内 基

DSC_3283

2018年3月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo