~子育てという役割~

 

12月も中旬、いよいよ冬が深まりはじめると、落葉樹の葉はいっせいに散り始めはじめた。

銀杏のじゅうたん。そんな風景が京都のいたる所で見られる。

IMG_20141214_142238

落葉樹は初冬から老化が始まる。働きが止まると葉の付け根の部分に離層という新しい組織が作られて、葉はそこから枝を離れて落ちはじめる。

役目を終えて落ちた木の葉は、菌や虫たちに分解されて木の養分になる。肥料をやらなくても森林が育つのは、毎年落ち葉が供給されているからだ。

 

自然界には役割がある。もちろんも人間界にも役割がある。

 

子育てという役割を担っている「今」は身を削ってでも、子どもに栄養を与えたい。

教育という役割を担っている「今」は子育てに奮闘している保護者の気持ちに寄り添い、身を削ってでも、子どもたちを成長させていきたい。

 

子育てなんて誰にも褒めてもらえないし、なかなか認めてもらえない。

でも、子どもの成長というかけがえのない対価がある。

 

ご縁を頂いた全ての子どもを一人前な木に育てるよう、精一杯役割を全うしたい。そして、良い社会をつくりたい。

IMG_20141214_142641-EFFECTS

 

 

2014年12月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~左手のにおい~

 

たまたま息子と平日に休みが重なる。

男2人で街中を歩く年齢でも無くなってきたし。何しようか…と相談。

ふと昨夏のイワナ釣りを思いだす。

 

でも寒いな…室内で釣り堀を探せば…あるある大阪には沢山ある。

初冬の寒空の下、月曜朝イチから寝屋川市を目指した。

京都から小一時間。着いたらお客は誰ひとりいない(よし!予想通り)でも、お店の人もいない。5分ほど2人で勝手にお魚鑑賞。

IMG_20141208_114857

どうやら店主は犬の散歩に行っていたようだ。鍵開けっ放し…まあこの街の平和度が分かる。

人情たっぷり店主のおじさんは、一生懸命に釣り方を教えてくれる。

時には厳しく、そして優しく。笑顔が素敵だった。

IMG_20141208_122558IMG_20141208_122738

冬場の釣堀は水温が下がるため釣れない事も多いが、ここはよく釣れる。1時間弱で小さい金魚から大きい鯉まで10匹以上釣れた。

こんな時はいつも子どもの方が上手。

それを見ておじさんが言う「大人はあれこと考えすぎるから釣れない、子どもは純粋に釣ることだけに集中するから上手」だと。

確かにそのとおり。邪念を振り払い。無の状態で釣りをすると数匹釣れた。

プラス心もリラックスできる。

 

月曜日の休日。どこにでもある街中で、人情あふれるおじさんと釣堀との出会い。息子と2人有意義な時間を過ごすことできた。

 

さあ帰ろう。あれ…左手がくさい…。餌のにおいとお土産を持って帰路についた。

2014年12月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~夢の乗り物~

 

う~~~ん十年ぶり。

大阪南部、河内長野市にある関西サイクルスポーツセンター。小さい頃、父親に連れて行ってもらった思い出がある。

その時の楽しさや嬉しさは今でも鮮明に覚えている。「こんな楽しい乗り物があるなんて!」と強烈なインパクトがあったのかもしれない。

IMG_20141130_151029

5人乗りの自転車やティーカップ自転車。変わり種の乗り物が縦横無尽に走り回っている。

子どもたちは大はしゃぎ。まわりの大人たちはもっと大はしゃぎ。

もちろん私も大はしゃぎ。

12月なのに、いつのまにか半袖。

時代が変わっても、この場所には変わらず夢がある。

2014年12月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~あくびのなみだ~

 

上を向いてこちらに歩いてくる。そんな目には涙がいっぱい。

ご近所のお姉さんに意地悪を言われたみたい。

「あくびをしたら…なみだがでるな~」

必死になって生あくび。

「そうだね~何であくびをしたら涙が出るのかな~?」

そう言いながら抱っこ。更にしくしく泣き声。

もう一度、一緒に空を見たらいつの間にか涙は止まってた。不思議。

 

 

あれ…もう遊びに行ってる。

あっさりしてる。

 

 

2014年11月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~大切にしている事~

 

仕事をする上で、生きていく上で大切にしている事がある。

「感謝・反省・準備」

この3つの言葉をいつも心の中でつぶやいている。

まず感謝…

今こうやって仕事をさせてもらっているのは、周りに理解や協力してくれる人がいる事。

スタッフ・生徒たち・家族・仕事関係の人。何事も当たり前と思わず、感謝をして謙虚さを忘れないようにしている。

「感謝」の先に「信頼」という言葉があると思っている。

反省…

慢心してはならない。常に向上心をもって取り組みたいと思っている。国語授業もスポーツ指導もしかり。常に100%の高品質な教育を提供しなきゃならない。

「反省」という言葉の先に「成長」という言葉があると思っている。

まずは生徒の成長。そして自分自身の成長。そして会社の成長。

その為に、常に心の中では「本当にこれで良いのか?もっと良いものはないのか?」と自問自答している。

準備…

「仕事の流儀」というNHKの番組がある。番組の最後に出演者に対して「プロフェッショナルとは何ぞや?」との質問が必ずある。

私はプロとは「準備力」であると感じている。

どれだけ才能があろうが、知識や経験があろうが、子どもたちの成長に携わる者は準備力がなければ一流ではないと思っている。

その為に指導者自身も学習が必要不可欠であり、どんな指導においても「プロ」と呼ばれるような準備あってこそ、高品質な教育が提供できる。

100%の準備をすると授業がワクワクしてならない。早く教えたくなる。でも100%の準備をすると必ず反省点が出てくる。

次は101%を目指したくなる。

 

それが、ちっぽけな自分が大切にしていること。

 

さて、今日の準備しよ!

 

 

2014年11月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~ヒミツきち~

 

自分だけのヒミツきちに大切な物を隠しておく。

幼いころ同じような事をしていた記憶がある。たしか、近くの公園にあるトンネルがそうだった。

31 - 2

何気なく行った近くの公園でのひと時。やっぱり秋はどんぐりに魅力があふれるみたい。

「持って帰るのはやめておこう」

の言葉に妥協してか、葉っぱを沢山かぶして勝手にヒミツきちに決めていた。

次に来た時の楽しみにしておくみたい。

31 - 1

どんぐりも大切なんだけど、「自分で選んだ」「自分で拾った」事を大切に思っているんだね。

大人になったら無くしてしまう感情が子どもにはある。

子どもといると、そういった純粋さに心が洗われる。

ヒミツきちには自分だけの特別が沢山隠されている。

31 - 1 2

2014年11月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~心を込めて読む~

 

3人の子ども全てにしてきていること。それは心を込めて、本を読んであげること。

私が幼少期の頃、父親に読んでもらう絵本が面白かった。それは一生懸命に読んでくれていたからだと思う。

「字を読む」と「感情を込めて読む」は全くの別もの。

邪魔くさそうに読んだり、あくびをしたり、途中でやめたりは以ての外。

大人も言葉で救われることがあるように、子どもも言葉を通して色んな事を学んだり、吸収したりしている。

読み聞かせはテレビと違い、ストップモーション。自分で想像したり、先読みしたり、登場人物の気持ちを察したりできる最高の教材。

我が家では毎晩のように「ほんをよんで!」「何の本にする?好きなの選んでおいで」のやり取りが、もう10年以上続いてる。

お陰で絵本は数百冊ほど。

本を読んであげられる時期なんて所詮、低学年くらいまで。

今しかできない事を大切にしたい。

 

2014年10月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~灯台下明るし~ 

 

秋の東寺。

せっかく京都という素晴らしい環境にいるのに、子育てしていると忙しさのあまり、地元の良さに気づかずに時間が流れる。

灯台下暗しとはこの事だ。

1

本物に触れる機会を設けてあげたい。別に京都ではなくとも大阪や滋賀でも同じ。観光客では分からない、地元でしか感じ取れない事もたくさんある。

子どもはお寺や神社に興味は無いんじゃない?

いーのいーの問題ない。

石ころで遊べるし、札に字を書く事もできる。その気になりゃ探険だってできる(お静かに…)

2

歴史が好きなる、ほんの少しのキッカケになればそれで良し。

「灯台下明るし」当たり前の環境に少し角度を変えて見てみると、新しい発見がたくさんある。

 

2014年10月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~子ども目線~

 

おもちゃ屋さんで、子どもと話すために何気なく屈んでみた。

06 - 1

「 うわ!」山積み!

子どもの目線から見ると、おもちゃ屋さんの風景は大人とは全く違う。宝の山だ。

そりゃ欲しくなるわ。

当たり前だけど、大人になると背が高くなる。その分、生活の中でも上から見る事が多い。

目線や角度を変えてみると風景が一変する。

子ども目線で見てみると発見できる「子どもの世界」

そして「子どもの気持ち」

2014年10月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~秋ですね~

02 - 1

朝夕はめっきり肌寒くなってきました。何気ない、秋の風景も子供からすると宝の山。必死になってどんぐり拾いをしていました。

秋の桜と書いてコスモス。

「乙女の純真」や「乙女の真心」といった花言葉があるようです。

02 - 1 (3)

純潔系の花言葉が並びます。その他にも「調和」「美麗」といった美しさを褒め称える言葉が並びます

イヤハヤ、綺麗です。

2014年10月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo