アカスポ訪問介護ステーション

アカスポの新しいカイゴのかたち

訪問介護員(ホームヘルパー)業界の平均年齢は55歳。60歳以上も38%を占め、本来、介護を担うホームペルパー自体が高齢化をしています。

介護業界の2025年問題もあるように、慢性的な人手不足。そして、介護職員の「なりて不足」。アカスポがカイゴとスポーツの力で介護業界の問題を解決していきます。

=======================

◆介護事業概要(訪問介護について)

訪問介護員(ホームヘルパー)などがご自宅に訪問し、介護や日常生活上のお世話を行うサービスです。

ホームヘルパーなどのスタッフが、ご自宅を訪問して必要なサービスを行います。

食事や排せつなどの介助を行う「身体介護」、調理や掃除などを行う「生活援助」をはじめ、ご自宅での生活に関するサービスや日常生活でのアドバイスをいたします。

=======================

◆提供サービス

■身体介護

日常的な介護を必要とする方に、身体機能向上のための適切なサービスをご提供いたします。

食事、洗面、入浴、部分浴(洗髪、陰部・足部などのみの洗浄)、清拭(せいしき:身体を拭いて清潔にすること)、洗髪、排泄、衣類の着脱、床ずれの予防、体位変換・姿勢交換、ベッドメイキング、歩行、車いす等にかかわる介助。

■生活援助

ご利用者様が単身、ご家族がご病気などの場合に自立支援やご家族の負担軽減のために適切なサービスをご提供いたします。

買物、調理、配膳、洗濯、掃除、衣類の整理、薬の受け取り等にかかわる介助。 相談・助言・情報提供など。