ブログ

ブログ一覧

 ~アスリートCチーム 全員野球~

図7

改めまして、アカスポアスリートCチームの監督に就任いたしました、岡崎です。この場をお借りしてご挨拶申し上げます。4月7日より、アスリートCチームは、活動を開始しました。

チーム結成に伴い、私が大切にしていきたいことがあります。それは、ずばり「全員野球」です。新しくスクールから移籍してきた選手たちに、「個」ではなく「集団」で野球をする感覚を身に付けさせたい。「チーム力」を高めていく中で、個々のスキルアップを図っていきたいという意図があります。この達成ために、ミーティングの中で、そもそもなぜ全員で野球をやった方が良いのか、グラウンドで全力疾走するべき理由は何か、挨拶や返事を大きな声でするのはなぜかを考えさせて、議論してもらいました。

C1

選手たちは、初顔合わせで緊張した面持ちでしたが、徐々に本音で言いたいことを言い合える関係性を築き上げていきたいと思っています。

そうすることで、こちらからの強要にならず、子どもたち自身が内在化させることができ、行動に移すことができるからです。その点では、アカスポは週に一回しか全体練習がないということを改めて痛感させられました。
私は、週に一回限りの練習で上達するためには、より「効率的な練習」と「選手たち一人ひとりが常に野球のことを考えること」の二つが欠かせないと考えています。

後者のことに関して、私はよく「当事者意識」という言葉を使うのですが、アカスポの環境では、当事者意識を持つことはかなり大切になります。例えば、練習で行った走塁練習とゲームノック。一回のプレーの中で、実際に走ったり、ボールを受けたりすることができる人数は限られています。複雑なプレーや選手たちが知らない動きについては、その都度解説を入れるようにしているのですが、ここでもそのプレーに実際に関与する選手は一人か二人です。

つまり、このような一人のミスや新しい事柄を自分事として聞き入れ、実践しようとする意識を全員が持たなければならないのです。ここについてはまだまだ未熟で、根気よく養っていく必要があると感じました。極端なことを言えば、毎日長時間練習しているチームでは、全員が数をこなして、身体に染み付けることができます。

C2

しかし、それをしないのがアカスポのスタイルです。常時、当事者意識を持たせるために様々な実践をしていきたいと考えています。
初練習は、練習終盤に大雨に襲われ、中途半端な形で終わってしまいました。選手たちに直接伝えきれなかったことや、話し合ってほしかったことがいくつかあっただけに残念でした。来週以降も、「全員野球」を追求し続けながら、選手たちの育成に励んでまいります。

最後になりますが、雨の中初回の練習を温かく見守ってくださった保護者の皆様、ありがとうございました。選手たちには、野球というスポーツを通じて多くのことを学ばせてあげられるように責任を持って指導をしてまいります。至らぬ点も多々あるかと存じますが、今後ともよろしくお願いいたします。

アカスポアスリート Cチーム監督

岡崎 智郎
Microsoft PowerPoint - アスリートC通信4月

2018年4月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【オフ・ザ・ボールの時間】

図6

2018年4月7日 新チーム始動
新年度に伴い、アカスポ・アスリートはチームを再編成しました。
結果、昇格した選手・降格した選手など新しいチームになりました。

Bチームは総勢22人とアカスポ・アスリートの中で、最多の人数となりました。練習風景は壮観です。

このチームの課題は「個人の能力」だと考えています。
そこで、個人の能力アップを主眼に練習を行います。当然、「チーム力」も重要ですがそこは、指導者主導ではなく主将を中心に選手主導で、チームビルディングをしていきます。そして、その経験が学校やその他の場面で活かされると信じています。

では、課題の「個人の能力アップ」のために大切な事は何か?

それは「オフ・ザ・ボールの時間の使い方」です。

簡単に説明すると、フィールドでボールに触れていない時間の使い方です。野球は9人しかフィールドに立てません。Bチームの総勢は22人。立てないメンバーの方が多いのです。では、立てないメンバーはどの様に過ごすのかが、肝心です。
コーチは3人居ます。
邪魔にならないように、キャッチボールをしたりノックをしたりバットを振ったり出来る事があるはずです。

B1

私は、そのオフ・ザ・ボールの時間の過ごし方を見ています。
今回の初練習、その話をすれば投手陣はピッチングを意識したキャッチボール、野手陣は直ぐにフィールドに出ても良いようにサイドノック。選手たちは自ら考え行動できています。今後が楽しみです。

B2

最後になりますが、新生Bチームは大所帯です。試合出場機会にムラが出るかも知れません。ですが、選手指導にはムラを出さぬよう心掛けます。選手たちと成長していきますので、今後とも温かい支援よろしくお願いいたします。

アカスポ・アスリートB 具志堅倫護

Microsoft Word - アカスポ・アスリートBチーム方針

2018年4月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【夢は正夢】

図5

2018年4月7日(土)アスリート新体制スタート

新年度がスタートし本日からアカスポアスリートクラスは新たにCチームを加え。

Topチーム

Bチーム

Cチーム

からなる組織となり、44名の選手をアスリート選手として選抜しました。

その中で各チームのメンバーの入れ替えもありメンバーの入れ替わりもあり、新しいスタートの日となりました。

いつもとは違う表情で、グランドに来た選手も多く緊張感が伝わってきました。

全体の話しの後は各チームに分かれミーティングを行い練習スタート。

我々Tチームは私から「家庭のアカスポ訓」、チーム方針の確認を行い、選手達が決めたチームの約束事の確認をし練習をスタートしました。

今回の練習からキャプテン・副キャプテンとは別に新たに

〈投手リーダー〉〈内野手リーダー〉〈外野手リーダー〉の役割を決めました。

1人ひとりが自覚してチームの為に色々と考えてくれると期待しています。

t2

また、この日は投手陣は別メニューで練習をしました。

エース不在の現状、投手陣にはより自覚を持って貰う為に今後も別メニューの数を増やそうと思っています。

アカスポアスリートが始まり、チームがスタートした時から投手が花で野手やベンチが水や肥料、太陽となり投手を咲かせてあげられるチームを目標にしようと選手達に話してきました。

ただ、咲かせて貰う投手の頑張りも必要不可欠です。

選手達には常々話していますが、野球は投手がボールを投じてスタートするゲームです。

誰もがその魅力に憧れ、どのポジションよりも目立つマウンド。

そこには、チーム全員の思いを背負って上がる責任があります。

エースがいない現状、投手陣で競い合いエース番号を争って欲しいと思います。

t1

さて、実践練習の途中で大雨となり通常より早く練習を終わらざる得なくなり、初日練習は不完全燃焼でのスタートとなりましたが、1人ひとりが新たに課題を持ち来週、元気にグランドに来てくれることを期待しています。

チーム方針にも書かせて頂きましたが、チームの目標は「天下一品杯」の優勝です。

非常に厳しい道のりなのは選手達も分かっていると思いますが、アカスポから少年野球の常識を覆すには1、2回勝つだけでも、準優勝でもダメです。

日本一高い山と2番目に高い山とでは認知度も名声も全然違います。

目の前の一勝にチーム全員でこだわり、優勝という目標を果たせるように日々精進していきます。

もちろん、春の大会の結果を見れば遠い夢物語のような話だと思いますが、選手達と真剣にその夢を正夢にしたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

アカスポアスリート Tチーム監督

稲内 基

Microsoft Word - 2018年チーム方針(T)

2018年4月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【具志堅監督】捲土重来

図11

3月29・30日は滋賀県大津市の皇子山にて、アカスポ・アスリートの強化合宿を行いました。

Tチームの稲内監督が合宿のテーマを「個の力の向上~アスリートクラス全員で数をこなしてチーム全体の力を上げる~」と設定してくださったので、そのテーマのもと選手たちと接していきました。

多くの選手たち、コーチ陣の参加で充実した時間を過ごすことが出来ました。

特に、2日とも投手・内野手・外野手に分かれて行った午前中の基礎練習では、多くの選手とのコミュニケーションを図りながら、基本の確認を中心に個人のスキルアップを図ることが出来ました。

図1図9

1日目は午後から、滋賀県の高校野球決勝戦も行われる皇子山球場にて実践練習を行いました。
そこでは、TとBミックスでの試合。野球に対する思考力を高めることを目的に、守備位置・打順・ゲームテーマなどを全て選手に任せ、試合を行いました。

ベンチ内でのコーチングを、岡崎コーチと山田コーチに依頼し2人に任せ、稲内監督と私は離れた場所で試合を観ることが出来ました。普段の試合では、ベンチからしか選手たちを観察することは出来ませんでしたが、この日はひろい視野で観ることが出来ました。

図12図14

試合後は、宿舎へ移動しミーティングの嵐でした。

多くの選手たちが、自分の考えを自分の言葉で表現することが出来ています。ここからの課題は「思考力」の向上だと考えますので、その事を指導者の中で共有し指導にあたります。特に、Bチームでは「カバーリングについて」と「監督からのサインプレーは必要か」という2点の議論は白熱しました。どちらの点も、初日では決着着かず2日目の朝早く起きて続きをすることに。しっかり、全員で取り組む事が出来ました。

図20図21

2日目も午前は基礎練習。午後からは、TとBの試合形式。大差での敗戦になりましたが、これまで打席機会が少なかった選手が多く打席に立てたり、普段は守らないポジションを経験したり充実した時間でした。この試合も途中から、指揮を山田コーチに任せベンチを離れ試合を観ました。
目に涙を浮かべながら必死に声を掛け続けるキャプテンを見ていると、少し懐かしくなりました。

0ー24

これは、私が少年野球の監督としての初試合のスコアです。今回の試合を観ていると、その頃の思いが沸き上がってきました。「この子達と一緒に成長し、勝ちたい」初心を思い出しました。
その試合に、主力で出場していた新中1年の女子選手は、その試合を足が係りにTチームへ昇格し初優勝した「きぬかけ杯」では、Tチームの4番を務め優勝に大きく貢献しました。合宿にサポートメンバーとして参加してくれた彼女の背中を、Bチームの5年生女子選手は見て練習に励みました。これから、5年生女子選手には期待しています。新中1年女子選手でも果たせなかった、天下一品杯の優勝と登板をして欲しいのです。この合宿では、2人は常に行動を共にしていたので、5年生女子選手は分かっていると思います。

図4図7

そして、本当に新中1年女子選手には感謝しかありません。合宿中に見せてもらった野球ノートから、君の野球への想いが伝わってきました。そこに書いた通り、「笑顔」を忘れないで欲しいです。引退試合では出来ていました。ありがとう。

他にも、各選手の成長は今後に期待です。

捲土重来

ここから、大きく飛躍するために精進していきます。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅 倫護

DSC_4510

2018年4月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【稲内監督】~アスリート合宿を終えて~

図1

2018年3月29~30日 アスリート合宿

2日間アスリートT.Bチームで合宿を大津市皇子山で行いました。

今回の合宿は

『個の力の向上~アスリートクラス全員で数をこなしてチーム全体の力をあげる』

というテーマを掲げました。

図3図4

2日間ともに午前中は投手・内野手・3班分けで普段の練習ではなかなか時間を使えない基礎の練習に時間を費やしました。

必死にバットを振り、必死にボールにくらいつき、トレーニングも頑張り数をこなしてくれました!

午後からは1日目は皇子山球場を使用させて頂きT.B関係なく2チームに分けミックス試合をおこないました。

図9図15

自分達でサインを出したり打順ポジションを決めさせ、思考力と協調性の育成を図りました。

普段コンビを組まない二遊間でTの6年生がBの選手にポジショニングや牽制の動きなどのコミュニケーションをとっていた姿など、それぞれ課題を持ってマウンドに上がった投手陣、少しずつですが、成長を感じました。

図18図20図21

宿舎では普段生活を共にしない選手同士で楽しくコミュニケーションをとったり隙間時間には樫原コーチに教えてもらったトレーニングをやっている選手。

また、「普段から毎日してるからストレッチしても良いですか?」

と聞いてくる選手がいました。

夜のミーティング後も各部屋でミーティングを行い、起床時間よりも早く起き全体ミーティングを選手達で発案し行ったりと我々が思っていた以上に良い時間の使い方をしてくれました。

ミーティングで出た課題を意識しながら2日目の午後の試合ではTチームvsBチームに分かれて行いました。

図22

試合結果はTチームが大差で勝ちましたが、点差以上に7イニング最後まで課題をチーム全体で意識してやり通せた事。

全員を打席に立たせてあげられた事。

また新たな課題がたくさん出た事。

良い収穫がありました。

今回Tチームの夜ミーティングで出た大きなポイントチームの決め事を覚えていますか?

合宿に参加してくれた選手は大丈夫だと思いますが、参加できなかった選手と共有をしないといけません。

選手間で伝えあって欲しいので、あえてここには答えは書きませんが

・新コーチの有水コーチから話してもらった点数の話。

・監督から話した全員野球とは?

・守備の前に統一してやること。

・スパイクのこと

図13図16

他にもありますが以上の4つに関しては徹底して共有して貰いたいと思います。

今回の合宿では涙を流す選手も何人か見られました。

それぞれに涙の意味は違うと思いますが、好きな野球で小学生の時期から涙を流せること。

素晴らしいことだと思います。

この子達と野球をする事はとてもかけがえのない事だと改めて思った2日間でした。

またこの合宿には、新中1の2人がサポートメンバーとして参加してくれました。

2人の協力もあり良い合宿になりました。本当にありがとう。

また、渡部コーチが昨日を最後にアカスポを卒業されました。

短い期間でしたがアスリートチームに多くの物を残して頂きました。

ありがとうございました。

今後のご活躍を期待しています。

最後になりましたが本当に充実した2日間を送ることができましたが、大事なのはこの後。

この合宿を良いきっかけにチームは成長していかなければいけません。

選手達と共に頑張っていきます。

今後もアカスポではこのような機会をどんどん作っていきたいと思います。

アカスポアスリート Tチーム監督 稲内 基

DSC_4627

2018年3月31日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo