ブログ

ブログ一覧

 【ケーキはスポンジケーキが大切】

image1123234

10月最初の活動は、待ちに待った天下一品杯の初戦VS柊野ブラックジャガーでした。
結果は、
2-7(5回時間切れ)
でした。

負けてしまいました。悔しい思いでいっぱいです。
文字にするのにも悔しくて、悔しくて・・・。

選手たちは頑張ってくれました。
背番号「1」は、荒天の中で我慢の投球をしました。
背番号「2」は、何度も何度もショートバウンドの処理をし得点を防ぎました。
背番号「3」は、4番という自覚を持ち行動でもチームを引っ張りました。
背番号「4」は、捕手から投手への返球のカバーリングを全力で走りました。
背番号「5」は、サードランナーコーチとしてチームを鼓舞し続けました。
背番号「6」は、4年生ながらレギュラーとして結果も出しました。
背番号「7」は、難しい場面で代打で出場し出塁しました。
背番号「8」は、外野に飛んだ大きなフライをしっかり捕球しました。
背番号「9」は、2アウト満塁のピンチを0点に抑えるピッチングが出来ました。
背番号「10」は、キャプテンとしてその行動ひとつひとつでチームを引っ張りました。
背番号「11」は、リリーフエースとして準備を万全に整えていました。
背番号「12」は、春の敗戦後に捕手となり今ではチームに欠かせない存在となりました。
背番号「13」は、骨折していてもチームの為にランナーコーチをしました。
背番号「14」は、自分の出番を信じ学校行事に集中しました。
背番号「15」は、チーム唯一の3年生。スタメンを勝ち取りました。
背番号「17」は、Cチームからの昇格生。Cチームのメンバーの底力を感じさせました。
背番号「19」は、ボールボーイとして試合進行の為に必死で頑張ってくれました。
背番号「20」は、Cチームからの昇格生。元気の良さをBチームでも発揮しました。

選手たちは頑張りました。
でも、負けた。
何が足りなかったのか?

それは、私の「コーチング力」と「ティーチング力」です。
選手の可能性を最大限伸ばす「コーチング力」
選手の能力を引き出す「ティーチング力」
どちらもまだまだです。

選手各々は、全体練習以外の日にも家で自主練習をしているそうです。

アカスポに集まる多くの選手たちは塾にも通っていたり他の習い事もしています。その中で、学校の宿題もしたり時間を作って練習しているのです。その練習のレベルを上げるためのコーチング力です。それぞれの顔や性格が違うように、野球のプレーにも特徴があります。

だからこそ、長所を伸ばすためのコーチングで自主練習の取り組みが変わるでしょうし、短所を改善するためのコーチングで全体練習の意識が変わるでしょう。

今回の試合は、試合中に大雨に見舞われたり、試合開始が予定よりずれたり、不測の事態が多く見受けられました。そんな中でも考えられることを選手に伝える「ティーチング力」があれば選手たちの精神面は少しゆとりのあるものになったかもしれません。

これまで、春の天下一品杯(VS亀岡リトルイースタン)敗戦後から私は「試合で勝つために」を重視した指導に注力しすぎました。結果からみて、このアプローチは失敗でした。

野球を心から愛し、探求する選手の「育成」が大切なのです。
ケーキ(チーム)作りで例えるなら、クリームや上にのせるフルーツ(戦術など)が大切なのではなく、その下地であるスポンジケーキ(個人の能力や考え)が大切なのです。

正直、敗戦後クヨクヨしています。
しかし、時間は待ってはくれません。今回の敗戦も受け入れて「前に」進んで行かねばなりません。前を向き進んでいきます。11月にはアカスポ主催の、育成リーグが始まります。そこで選手たちが輝くように。

最後になりましたが、柊野ブラックジャガーの皆様ありがとうございました。

また、いつも温かい声援をくださる保護者の皆様ありがとうございます。今後とも選手を大切に取り組みます。応援よろしくお願い致します。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護

image156666666image2image3image4image16image10image17image18image19image111image134image1000image1789image156789image199999image11234567image14567890

2018年10月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 「男心と秋の空」の土曜日

11

今月、3回目の室内練習となりました。

野球は、雨には勝てません。

が、雨天の場合、どのような練習をおこなうのか、実は、大事なことです。

アカスポのみんなは、今日も変わらず、トレーニングを楽しみました。

練習内容は、まず、野球のルールに関する座学をおこないました。

①ポジション、②タッチアップ(低学年)、③インフィールドフライ(高学年)に関して、理解を深めるとともに、課題を出しました。

次に、「リズム体操」を実施しました。

野球においても、リズムは重要です。

身体の操り方に、リズムが加われば、さらに野球が上達することでしょう。

今日の練習で学んだ動きを反復し、無意識で身体が動くところまで、持っていきましょう。

そうすれば、パフォーマンス(本番力)が高まります。

来月は、グラウンドで技術を磨き、ルールを理解したゲームを楽しみましょう。

「天高く馬肥ゆる秋」の土曜日を願います。

南スクール野球コーチ 樫原秀文1234

2018年9月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【サッカーのルールを知る】

image1

 

第1回目のテーマは「サッカーのルールを知る」

サッカーのルールには複雑なものがあり、普段の練習の中で伝える事に限界を感じていました。そこで、今回の室内練習の機会を利用してサッカーのルールを学びました。

具体的には、タッチラインやゴールラインなどのラインの名前からスローイン、オフサイド、直接フリーキックと間接フリーキックの違いなどの詳しいルールを学びました。

初めての座学でしたが、コーチが一方的に教えるのではなく、問題形式にして選手に答えてもらう事で選手が自分の頭で考える講義を意識しました。選手達は手をあげて積極的に自分の考えを発言するなど意欲的に取り組んでいました。

その結果、最後に行ったまとめ問題では知識の定着が確認できました。

当たり前ですが、ルールを守るためにはルールを知らなければなりません。アカスポ訓の一つにスポーツマンシップがあります。スポーツマンシップとは、ルールを守り、正々堂々プレーする事だと選手に伝えています。

スポーツマンシップを発揮できる選手を育てるために、コーチとして学び続け、正しいルールを伝えていきます。

アカスポ京都南サッカースクール 長川 奈生

image3

2018年9月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

【レゾンデートル】

6

9月22日の活動は、通常練習とアカスポCチームとの育成試合を行いました。

9月下旬は各校の運動会シーズンとなります。一般的な少年野球チームは、学校単位のチームが多いため我々のような広域から選手が集まるチームにとっては、練習も四苦八苦です。

練習は、限られた時間ですが充実したものになりました。

さて試合ですが、結果としては勝ちました。この事は本当に良かったと思います。

レギュラー選手数名を欠くなかで、普段は試合に出るチャンスの少ない選手たちが活躍してくれました。

投手陣は、ストライク先行の投球が出来ています。また、マウンドでの表情を見ていると戦う準備が出来てきているなと感じます。

野手陣は、サブポジションも含め色々と試すことが出来ました。特にキャプテン・5年生捕手には色々と守ってもらいましたが問題は無さそうです。各打者、バットも振れています。大会へ向けて好材料です。

その中でも、試合中に私が疑問を抱いた走塁のプレーについて数名の選手と話をしました。私が疑問を抱いていることを伝えると、選手たちはそれぞれの言葉でプレーについて答えてくれました。明らかに間違っていることは「間違っている」と伝えますが、考えて行ったプレーなら認めました。少年野球で型に嵌め込みすぎると良くないと感じたからです。これからも選手たちと対話を大切にしていきたいと思います。

他にも、この試合は選手たちにあることを伝えて挑みました。

「この試合は点差をつけることが出来たら全員試合に出す。スタメンは全員出させるために点を沢山入れる、ベンチメンバーは自分が出るためにスタメンを支えて試合をスムーズに」というミッションです。

選手たちは、それぞれ考えて行動してくれました。言葉にはしていませんが、選手たちには「レゾンデートル」について考えて欲しかったのです。

最近、注目度が増している大学サッカー界よく聞く言葉です。意味は、「存在理由や意義」といった感じです。主語は「自分が求める」です。

アカスポというチームの中で、自分がどのように存在していくのか。レギュラーは試合に出るだけで満足か?ベンチの選手は、ただベンチに居るだけで満足か?

今一度、自分に問い答えを求めて欲しい。
その考えた末に「戦う準備」をしていこう。
それが出来るメンバーを選考しています。まだまだ、一緒に強くなろう。

最後になりますが、いつもいつも温かく見守ってくださる保護者の皆様には感謝しております。
今後とも宜しくお願い致します。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護

24image158image1235

2018年9月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【思いは結果で】

IMG_6679

2018年9月22日(土) 朱雀グランド

練習試合 vs朱雀少年野球クラブ
Tチームにとっては天下一品杯の敗戦後、初となる対外試合でした。

結果から書くと
1試合目

8-4 勝ち
天下一品杯でも先発した5年生左腕が味方のエラーなどが終盤出ましたが、7回を投げ4失点(自責点2)四死球3と
粘り強く投げ自身、初の完投勝利を挙げました。

そもそも3イニング以上投げた事すら初めてだと思います。

以前にも記述しましたが、彼は身体が大きいわけでも凄いスピードボールを投げるわけではありません。

夏の個別練習で、コントロールを重視して投げるようにしてはどうかという話しをしました。

本人はスピードボールで三振が取れる投手になりたいという思いがありましたが、 身体がまだ成長段階ということや本人のピッチャーをやりたいという気持ちもあり勇気のあるシフトチェンジをしました。

その成果を天下一品杯という大舞台で発揮してくれましたが、最後までマウンドにいれなかった悔しさを練習に打ち込んできた結果が今日に繋がったと思います。

課題はありますが、彼からすれば一皮剥けた試合になりました。 これから更に成長してくれることを期待しています。

彼の野球に対する姿勢があれば、来年には本格派投手になっているかもしれません。

IMG_6681

また、投手をリードした6年生キャッチャーも素晴らしかったと思います。彼も配球に関しては天下一品杯で悔しい思いをしたと思います。

彼なりに考えてコミュニケーションを取りながら勉強していると感じました。 攻撃陣は相手投手のスローボールに苦しめられながらも天下一品杯後、強化している走塁からチャンスを作り得点を奪いました。

スクイズも一回で決める事ができたのもよかったと思います。
ただ、細かい判断ミスや終盤に選手交代があり控えメンバーが出場し布陣が変わるとミスが出ます。

相手のレベルが更に上がるとそこの詰めの甘さが命取りになります。 その辺りの修正をしていきたいと思います。
2試合目はスタメンをほぼ総入れ替えました。

初回から投手が味方のエラー、四球で崩れそれを返すこともできず、1-4で敗戦。
野球にミスは付き物ですがエラーが出て四球…というようにミスが続くと試合展開は厳しくなります。

監督として数字でチームを分析もしていますが、投手で例を挙げるとこのチームになってからの投手陣の1試合の平均四死球率は6〜7個です。

今日の1試合目と2試合目の四死球の数だけ見ても

試合の勝敗は歴然としています。

もちろん今回例に出した投手の四死球だけが原因ではありませんが、 四球で出した悪い流れを野手がエラーをして続けば勝つという事は難しくなります。

そのような流れをきれる選手、変えれる選手が2試合目のメンバー(1試合目の控え)にはいないというのが現状です。

1試合目スタメンで出た選手の中でも1~2人でしょう。

技術の差もありますが、そこの差がなくなっていかないとチームとしてもう一つ成長しません。
個人個人で見れば少しずつ成長している選手ももちろんいますが、まだまだです。

11月に開催されるスポーツデポ杯に出場することが正式に決まりました。
ベンチ入りメンバーは20名。

野球に対する姿勢や声を出していることなどももちろん見ますが、それができるのは大前提です。

試合で戦力になれる選手。結果を出せる選手を選びたいと思います。

結果や戦力とはヒットを打ったり三振を取れることだけではありません。そうなると現在、Tチーム18名の選手も安泰ではありません。

アスリート選手全員にチャンスがあります。
「試合に勝ちたい」「レギュラーで試合に出たい」「優勝したい」「エースになりたい」「Tに上がりたい」

など思う選手は数を多くいると思います。
ただその思いを実際に行動に移し結果を出すことは難しい事です。 本当にその思いを結果に変えることのできる選手20名を選びたいと思います。

最後になりましたが、試合をして頂きました朱雀少年野球クラブさん。ありがとうございました。
またいつも審判、整備、温かい応援をして下さる保護者の皆様本当にありがとうございます。

引き続き応援よろしくお願い致します。

アスリート Tチーム 監督 稲内 基

IMG_6704IMG_6706

2018年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo