~虎穴に入らずんば虎子を得ず~Tチーム樫原コーチ

図4

10月21日土曜日。本日の練習は、台風の影響による雨のため、室内練習に変更となりました。

練習の前半は、12月2日土曜日におこなわれるきぬかけ杯へ向けてのミーティングでした。

まずは、チームの7つの約束事を確認しました。

①挨拶、②道具、③全力疾走、④ベストスイング、⑤チャレンジ、⑥一球、⑦投手

ここには、キーワードのみ挙げましたが、これらに関して、全員が理解し、徹底できれば、きぬかけ杯で優勝するチームになると思われます。

復習ですが、なぜ、グラウンドでは、全力疾走(ダッシュ)なのか?
当たり前と言われてきていることの理由をきちんと理解すれば、自然と身体が動き出します。
ミーティングで出た漢字二文字の単語を、常に心がけ、先を考えて行動してください。

次に、自主練について、何をしているのか聞きました。
家庭においても、技術練習をしている選手もいれば、技術練習は、アカスポの練習だけという選手もいました。

ここで、監督から、本日のキーフレーズと水槽の例えば話がありました。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

もし、みんながきぬかけ杯で優勝したいと思うなら、一人一人が何かアクションを起こさないと達成できませんよ、という想いが込められていました。

そして、自分の持っている心の水槽を、きぬかけ杯で優勝したいという想いで満杯にしよう、という内容でした。
12月2日土曜日きぬかけ杯当日、心の水槽が優勝の気持ちであふれるぐらい、メンタルのコンディションも調整してくださいとのことでした。

ところで、技術練習だけが、自主練ではありません。
グラウンドの外の日常生活全てが、野球につながっていると考え、勉強や学校生活、家庭でのお手伝いなどに全力で取り組んで欲しいものです。

最後に、チームの課題を考えました。

まとめると、①チームワーク、②声、③雰囲気、④集中力、に関する点が挙がりました。

きぬかけ杯に向けて、ここで挙がった自分たちの足りない点を、クリアできるように練習していきましょう。

さて、試合終盤の声、雰囲気、集中力を改善するためのポイントは、何でしたか?ヒントは、”声だし”ではなくて、漢字二文字の単語でした。

次回の練習から、この質が向上することを楽しみにしています。

図5

練習の後半は、トレーニングでした。
①ペアストレッチ、②馬跳び、③ラダー、④野球版ドッヂボール、で汗を流しました。
練習を通して、技術・体力だけでなく、チームワークを自然と図れるようになる意図のある内容でした。

保護者の皆さん、雨天にもかかわらずご送迎くださり、誠にありがとうございました。
本日のミーティングの成果を、次回の練習からおみせしたいと存じます。

アスリートコーチ  樫原秀文

図6

2017年10月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~ 一体感 ~ Bチーム 具志堅監督

図1

10月21日の活動は、新町アニマル様との練習試合が予定されていましたが、あいにくの雨で中止になりました。

そこで場所をグランドから室内に移しての活動となりました。練習前に、TOPチームの稲内監督より「きぬかけ杯」へのTチーム・Bチームのダブル出場が発表されました。その後、ミーティングにトレーニングと実りある時間を過ごすことが出来ました。

普段から、選手主体のミーティングを実戦後に行っていますが、今回はチームとしての目標設定の話など深く深く話し合いをしていました。

ミーティングでは、チーム発足から今までの振り返りをし「自分達の強み」と「今後の課題」を共有していました。主将が中心となり、話し合いを上手く進めていました。遠くから見ていた私は主将が全部話すのかなと考えていましたが、そんなことはなくそれぞれが口を開き意見を出しあっていました。そこで気がついたのが、選手たち同士での話し合いでも、しっかり目を見て話を受け止める姿勢が出来る選手が増えてきたということです。選手の成長を感じました。

図2

その後は、アカスポ・サッカースクールの木村ヘッドコーチによる指導の下で瞬発力を鍛えるトレーニングを行いました。初めてのメニューの連続で始めから上手くいく選手は少なかったですが、出来る選手がアドバイスを送ったり一緒にやることで全員がメニュー消化することが出来ました。

こうした「一体感」を武器に、きぬかけ杯まで練習を行っていきます。
応援宜しくお願い致します。

アカスポ・アスリートBチーム監督 具志堅 倫護

図3

2017年10月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~ 自らの力で乗り越え強くなる ~ Bチーム具志堅監督

図5

10月7日(土)横大路グランドにて練習試合の予定でしたが、前日からの雨のため中止となりました。
しかし、午後からは天候も何とか持ち直し、アスリート紅白戦(Tチーム対Bチーム)を行いました。

結果は、私の指揮するBチームは1ー19で敗北となりました。 同じチームといえども負けることは本当に悔しいことです。

結果は負けとなりましたが、収穫も多々ありました。先月の試合では「ファーストストライクを振る」という課題が出来ていない場面が、多くありました。しかし、今回の試合では6年生の投手相手でも振ることが出来ていました。他にも、ぬかるんだグラウンドでの慣れない守備も選手同士で、コミュニケーションをとり守れていた印象です。

図6

9月は「コミュニケーション」と「スイング」の強化をテーマに練習に取り組んでいたので、結果が出てよかったです。

しかし、良い部分もあれば課題もあります。それは選手間のミーティングでも出ていた「野球の知識が少ないためのプレー中の焦り」です。野球は1つのアウトを完成させるために、全員が頭を使い工夫をしていくスポーツです。

分からないことにぶつかった時には、一歩踏み出すのに躊躇してしまいます。その躊躇がミスに繋がり、自らが自らを追い込んでいきます。

では、追い込まれないためにどのように普段から練習をするのか。これが、今後のBチームの課題になっていくことでしょう。

一つ一つ課題を自分達で気付き、自らの力で乗り越え強くなっていこうと思います。

図4
最後になりましたが、グランド不良のなか整備をしていただき試合中は温かい声援を送ってくださる保護者の皆様、いつも本当にありがとうございます。

まだまだ未熟なBチームや私ですが少しずつですが、大きく成長していくつもりです。これからも応援宜しくお願い致します。

アカスポ・アスリートBチーム監督 具志堅 倫護

※アカスポアスリート T・Bチーム合同写真を撮影しました。

2D3A4421-CF72-4474-A99E-835DD596A54F2

2017年10月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~ 憧れ ~ Tチーム 稲内監督

図12017年10月7日(土)

アスリートクラスは、七条ファミリーズさんに招待して頂き、少年野球交流試合を行うため横大路グランドで活動しました。

しかし、朝から大雨…
なんとかやりたいという事で、粘り…粘り…待機していましたが、グランド状況などを考慮して残念ながら試合は中止になりました。

雨は止み、ご配慮でグランドを一面借りることができましたが、前日からの雨で田んぼ状態…笑

Bチームの具志堅監督と相談の結果、午前中は練習して、昼から整備して紅白戦をやらしてあげようということになりました。

午前中の練習は、Tチームの6年生2人中心にアップ→キャッチボール→トス→挟殺プレーの練習をしました。

キャプテンが運動会で不在でした。普段は一緒に練習しないBチームの選手との合同だった為、2人はなかなか苦戦していましたが、良い経験になったと思います。

普段から自分達で考えさせる指導をしていますがこの日は特にこちら側からは指示は出さないようにしました。

挟殺プレーの練習では選手達はなぜうまくできないのか。
考え自分達で口に出せるようになってきました。
最終的には挟殺プレーの基本は全員が理解できたと思います。

午前中は軽い練習で終わり、少し早めの昼休憩をとりました。普段は一緒に話したりする機会が少ないT・Bチームの選手が、お弁当を食べる楽しそうな姿はとても良い風景でした。

特に4年生の女子選手は、憧れの6年生女子選手と一緒に食べて、会話ができ嬉しそうでした。

図7

さて、昼からはグランド整備からスタート。
田んぼ状態のグランドを子供達が頑張って整備してくれましたが、止んでいた雨が再び…

みんな紅白戦をやる気満々ですが…天気には勝てず。本日2回目の待機。

しばらくして、雨があがり保護者の皆さんの力をお借りして、何とか試合ができるグランド状態にしていただきました。

紅白戦では、Tチームのキャプテンも昼から合流しほぼフルメンバーで挑みました。

課題の投手陣は先発した6年生左腕がヒットを打たれながらも2イニング無四球無失点。

ヒットを打たれても四球を出さないこと非常に大事です。
ナイスピッチングでした。

その後も各投手を投げさせましたが一、三塁時の連携ミスで1失点。

この1失点に関しては厳しく反省を促しました。
非常に取られ方が良くない失点です。

攻撃陣は全員が2打席以上立つことができて、ずっとチームの課題にしているベストスイングが徐々に浸透してきたと感じました。

追い込まれても常に自分のスイングをするしっかり振る。 その結果の三振や凡退はOK。
少しずつですが選手全員ができているようです。

ベンチからも打席の選手に「ベストスイングをしよう」という声もでてきたり、打席でもしっか り振った結果、つまっても外野の前に落ちたりと良い結果が出てきました。

図2

試合は19-1で勝利。

この試合では、Bチームの選手の成長を感じることができました。更に良い競争をしてくれる事を期待します。

今回、練習試合ができなかったのは残念でしたが、良い合同練習になったと思います。

きぬかけ杯まで時間は多くありません。 優勝に向けて更に選手達と頑張りたいと思います。

保護者の皆様、グランド整備やチーム道具の運搬など、多大なるご協力本当にありがとうございました。

アカスポアスリート Tチーム監督

稲内 基

※アカスポアスリート T・Bチーム合同写真を撮影しました。

2D3A4421-CF72-4474-A99E-835DD596A54F2

 

2017年10月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~可能性を感じるベストスイング~

図12017年9月30日(土)練習試合 VS洛央メジャース

朱雀グランドで練習試合を2試合行いました。

運動会シーズンで人数が集まらない関係で、Bチームから4年生を3人招集しました。1試合目は相手の監督さんと相談した結果、5年生以下中心の試合になりました。

こちらもキャプテンを5年生にして、6年生をサポートにまわしました。普段、自分達が試合に出ている時、ベンチメンバーがどれだけサポートしてくれているかを感じて欲しくてこの体制で挑みました。

試合は先発した来季のエース候補の5年生投手でした。課題の3イニングを四球こそ出しましたが、何とかクリア。ここ数試合で少しずつ良くなってきました。

2、3番手にはBチームから招集した4年生右腕2人を登板させました。2人とも緊張した面持ちでマウンドに上がりましたがナイスピッチング。守備のミスで失点を許しましたが、彼らにとって自信になる登板だったと思います。

そしてもう1人Bチームから招集した4年生は野手。6番レフトに抜擢。結果は2打数2三振。守備では1エラー。

彼にとっては悔しい結果になったと思いますがTチームの課題の1つであるベストスイング。積極的に振るということは、この日彼が1番できていました。

彼の全力で振りにいった2三振に可能性を感じました。これからがとても楽しみです。

試合はビハインドの最終回なんとか追い上げましたが4-5で敗戦。4.5年生中心の試合にしては良く頑張ったと思います。

さて2試合目。

左右の両エースに加え主力選手数人を欠く中で普段試合に出場できない選手にはチャンスの試合でしたが…試合序盤から登板した投手陣崩壊…コントロールが定まらず、味方の集中力も下がりミスもでる。

結果、12-3で敗戦。

相手チームには申し訳ない試合でした。負ける時にはいつもこの流れになっています。投手が試合を壊してしまう。

何とかこの状況を変える為に投手陣の練習メニューを考えていきます。

来週、アスリートは午前中から練習試合会に招待して頂いています。きぬかけ杯まで時間はないので何とか立て直せるように良い試合をしたいと思います。

快く、審判や整備を手伝って頂いた保護者の皆様。応援して頂いた皆様。本当にありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いします。

アカスポアスリート監督 稲内 基

図2

2017年10月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo