【あきらめずチャレンジし続ける姿勢】

image1
6月30日(土)練習試合 VS オール朱八・朱雀連合
6月の締めくくりは練習試合でした。
結果は、12-4で勝利となりました。
何とか、連敗脱出と10得点以上を達成することが出来ました。
では、今回の試合を振り返りたいと思います。
まずは良かった点を挙げていきます。
打線の活発さです。しっかりバットが振れています。夏にかけて、打撃を今まで以上に鍛えていきたいと思います。選手と約束した「全員がホームランを打てるチーム」を目指して、練習あるのみです。
また、投手陣も磐石です。先発5年生は持ち味を存分に発揮し長いイニングを投げました。リリーフ4年生と3年生はイニング途中からの登板でも普段通りの投球をしてくれました。最終回にマウンドに送った5年生女子選手は速球が冴えていました
そんな中、1番の収穫は控え捕手の台頭です。5年生女子選手は相談の上、コンバートして1ヶ月あまり。経験は少ないですが、安定感が出て来ました。セカンドスローもノーバウンドで投げられる強肩は魅力です。夏の天下一品杯は猛暑の中での試合が想定されます。控えとレギュラーの差を縮めることが鍵になってくるでしょうから、今後に期待です。男子捕手も今回の試合で盗塁阻止出来ていましたので安心してみていられます。
次に課題点を書きます。
今回見つかった課題点は、「打者走者のオーバーラン・駆け抜けの甘さ」です。全力疾走での走塁は出来始めています。しかし、ヒットが出たときのオーバーランにはムラがあります。また、凡打時の駆け抜け・ストップのレベルも低いです。次回以降の練習では、選手たちと相談し走塁を見直していきます。やはり、プレーするのは選手たちですので相談が肝心です。
ここまで書いてきましたが、本当に勝利出来たからこそ学べるのだと実感しています。
書いた内容以外にも選手たちの活躍は目を見張るものがありました特に代打から登場しライトの守備に就いた5年生は久しぶりの出塁。感動しました。結果が出ない中でも、試合のときはランナーコーチ、練習のときにも声を張り上げ、コーチや私からの指導にも耳を傾け我慢し我慢し練習し続けました。綺麗なヒットではありません。ですが、彼のような選手の活躍がチームに勢いをつけます。
まだ、チームの中には結果が出ていない選手や出番の少ない選手が居ます
そういった選手には、あきらめずチャレンジし続ける姿勢を期待しています。先記した通り私は「全員がホームランを打てるチーム」を目指すと選手に話しました。レギュラーだけではいけません。「全員」が打てるチームです。難しい課題です。ですが、挑みます。スタッフを含め全員で挑みます。そのために、全員があきらめずチャレンジし続ける姿勢が必要なのです。
最後になりましたが、オール朱八・朱雀連合の皆様・保護者の皆様ありがとうございました。今回も良い機会・学びとなりました。本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護
image2image12image13image14image16image22image23image26image25image36
2018年7月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

【勝ちに繋がる負け】

DSC_7412

6月16日(土)
練習試合      VS大宮ジュニア
4-33 〈負け〉

29点差の大敗でした。
私自身この結果は予想外でした。なぜなら、普段の練習では出来ていたプレーが出来なかったり、同じミスを繰り返したりとなかなかうまく試合を運べなかったからです。

相手の大宮ジュニアさんは、アカスポCチームと同じ学年、年齢のチームであり、高学年チームではありません。しかし、このような大差がついてしまいました。

単純に考えると、私達はあと29点の差を縮めなければなりません。しかし、それでもやっと同点です。
全員で練習する時間は限られています。
ですので、一回一回の練習を大切にしていきましょう。

また、私が一つ残念に思ったことがあります。それは、チーム全体に「この試合勝てないな」「負けるのは仕方ない」というような空気が試合中、試合後に感じられたことです。

当然負けないチームなど存在せず、高校野球、プロ野球のチームであっても何度も負けを経験しています。そこから、自分達にプラスになることを吸収し、学びます。何が足りなかったのか、相手は何が上手だったのか。それを一つずつ克服、習得することでレベルアップしていきます。

そして、それらが選手達、コーチ陣の財産となります。
ですので負けることは何も悪いことではありません。しかし、それが当たり前になってしまうことはいけないのです。

今回の結果が「勝ちに繋がる負け」にする為には、次回の練習が一番大事になります。力の差を実感し、負けたことが鮮明に残っている時に練習することで、大きく成長できます。

初勝利に向けて一緒に頑張りましょう!

アカスポアスリート Cチームコーチ 後藤 雅宗

DSC_7341DSC_7465

2018年6月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【当たり前の事】

image12

6月16日(土)
練習試合 VS 大宮ジュニア (朱雀グランド)

8ー12<負け>

となりました。
1月に始まった2018年度アカスポ・アスリートB。始まって以来の連敗です。
この敗戦は私も含め、もっと重く受け止めなければならない敗戦だと思います。

選手たちのミーティングでは、よく「当たり前の事が出来ていない」という言葉を耳にします。
たぶん、監督である私がよく口にしているからでしょう。
ですが、今回の敗戦で選手たちの「当たり前の事」と私の「当たり前の事」に差異があると感じました。ですので、今回は私の考える「当たり前の事」について書いていこうと思います。

image1

まずは、<プレー以外>

・アカスポアスリートとして「アカスポ訓」を完全実施出来ている。(Bチームに関係しているコーチ・監督にだけ挨拶をしている選手がいます。しかし、グランドの中にいる方々は皆、アカスポ生に関係あるのです。きちんと心を込めて挨拶したら何かが変わってくると考えています)
次に、<プレー編>

・マウンドに登る投手はストライク先行を意識したピッチングが出来ている。
・守備に就いている選手は、常に打球に備えた行動が出来ている。
・1球ずつ心を込めて声かけ(準備の声・激励の声)が出来ている。
・打席では、これまでやってきた練習を信じて打席にたてている。
・ランナーは常に投手へプレッシャーを掛けるリードが出来ている。
・グランドへ出たら全力疾走をし、観ている方々を感動させ応援してもらえるようにしている。
・強い打球でも何とか捕球しアウトを取るためにプレーしている。

最後に、<ベンチ編>

・1球ずつ心を込めて声かけ(準備の声・激励の声)をして、拍手できているか。
・ランナーコーチなどの役割を試合に出ている選手と同じテンションで出来ている。
・常に自分の出番を想定し準備が出来ている。

ここに書いた内容は、あくまで「最低ライン」です。
難しいと感じるかもしれませんが、よく考えると誰でも出来ることです。だからこそ、全員でやって欲しいのです。「150キロを投げる」とか「毎打席出塁する」といったことではありません。

だから、「当たり前の事」なのです。

では、試合の振り返りを。
大宮ジュニアさんは非常に良いチームで勉強になりました。特に塁に出たランナーのプレッシャーの与えかたは参考にして取り組みたいと思います。他にも迷いのないスイングなど参考になることが多かったです。

自チームは、打線の組み替えをしたりレギュラーの入れ替えなどがあるなか良く戦っていると思います。特に1番に抜擢したキャプテンは、打撃でも結果を出してくれました。5番センター・8番セカンド・9番キャッチャーは良い打球が出始めています。他にも途中出場の、女子キャッチャーや5年生サードは日々の努力が垣間見えます。

投手陣は、先発を任せた5年生は失点こそしましたが期待しています。同様に5年生女子投手にも期待しています。4年生投手の安定感は安心して登板させれます。3年生サウスポーも存在感が出てきました。

しかし、今回の敗戦は重く受け止めなければいけません。この敗戦から何を感じ取り「変化」を起こしていくかが、今後のチーム浮上の鍵になります。

最後になりますが、突然のお願いにも関わらず練習試合を快諾してくださった大宮ジュニアの皆様、いつも温かい声援を下さる保護者の皆様ありがとうございます。今後も変わらずお願い致します。

アカスポ・アスリートBチーム監督 具志堅倫護

image16image24image233image28image166image1345image222image288image19

2018年6月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 「大敗の味」

DSC_7338

6月16日 VS大宮ジュニア 4-33
約一か月ぶりの試合となりました。結果は大敗です。初回からリズムに乗ることができず、四球、安打、エラーの悪循環が止まりませんでした。止められませんでした。

試合後に課題として選手たちが挙げたことは、コーチ陣が考えていたこととほぼ同じでした。一つ目は、試合前に決めた試合の目標を、試合の序盤にしか達成しようと試みないということです。

逆に、ピンチになったり、相手の流れになったりしたときには、その相手の流れに身を任せ、アウトを取るのが「相手のミス待ち」になってしまいます。問題は、自分たちが思うようにリズムに乗れないときに何かを変えようとしているか。そもそも、ミスをミスだと認識しているか。というところにあるかと思います。そうして、同じ失敗を何度も繰り返してしまいました。

解決の糸口は、2イニング目にあると思います。実はこの回は、無失点で切り抜けることができた唯一のイニングです。この回に良かったことは、「先頭打者」をアウトにしたということです。野球において、先頭打者が出塁すると、得点の確率は約5割と言われています。一方で、先頭打者をアウトにした場合、得点の確率は1割程度しかありません。先頭打者をアウトにすることがいかに大切かがわかります。攻撃の時は先頭打者の出塁が鍵、守備の時は先頭打者を抑えることが鍵となります。野球の知識の部分とも関連してきますが、「先頭打者」にこだわりをもった野球が重要であるとわかります。

課題として挙がった二つ目は、「キャッチボール」です。野球の基本中の基本である、キャッチボール。しっかり投げる、しっかり捕るを意識してどれほど行えているでしょうか。相手を思いやったキャッチボールができているでしょうか。試合の中でもキャッチボールができずに出塁を許す場面がありました。やはり野球の基本はキャッチボールです。一球一球の大切さを感じたり、身体全体を使って強い球を投げたりすることをキャッチボールの中で学ぶことができるような指導を行っていきます。

今回の試合は、このような大敗です。技術の差でも練習の取り組みの差でも、差を痛感しました。やはり、敗戦の味は苦いです。選手たちには、この敗戦の味をただ苦いで終えてしまうのではなく、その味をしっかりと分析してほしいと思います。それは私たちコーチ陣も同様です。野球に必要な技術面と知識面の基礎的な力を養うことを主眼に置きながら、実戦的な力も育てていく次第です。

チームとしてなかなか結果を出すことはできていませんが、選手とのコミュニケーションを取るツールである「野球ノート」の中で、「アカスポのエースになる」と力強く書いてきた選手がいました。技量的にも精神的もまだまだ及ばない三年生の選手ですが、ジュニア世代の選手のこういう思いを生かすも生かさないのも我々指導者次第であると思います。この思いが彼を後押しし、練習に励み、いつの日か実現させることができるようコーチングを行ってまいります。

最後になりますが、この度試合を組んでくださった大宮ジュニアさん、一方的な展開となりながらも最後まで見守ってくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。得点がタイムリーヒットだったり、長打が出たりと収穫もありました。選手たちが「できること」は着実に増えてきています。今後ともこれをもっと増やせるよう励んでまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。

アカスポアスリート Cチーム監督 岡崎智郎

DSC_7467DSC_7341DSC_7427

2018年6月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【競争】

DSC_7216

2018年6月9日(土) 紅白戦 vs Bチーム 数ヶ月に一回定期的にBチームと行う紅白戦。

やる意図としては色々ありますが、今回は春の天一杯メンバーの選考が大きな割合を占めました。 Tチームとしては練習している攻撃のサインプレー 守備のサインプレーを積極的にチャレンジしてどんどん使おうと臨みました。

試合を見ていると、ここにきて少しずつですが状況に応じて選手達が考え、捕手中心にサインプレー を出せるようになってきました。

攻撃もエンドラン、スクイズの成功率が上がってきました。 ガンガン打って点を取るのが良いと思いますが、 その考えでは天一杯に出てくるチーム相手には通用しないと選手達が一番分かっています。

そこについては今後の練習で精度を高めていきたいと思います。

この試合を見てBチームの選手の中からTチームのウィークポイントを補ってくれる選手を数人リ ストアップしました。 監督間で相談し昇格メンバーを決めたいと思います。

天一杯のメンバー登録期限は6月下旬です。 この数週間、Tチーム・Bチーム含め全員で競争です。 いつも選手には話していますがレギュラー9人はまだ誰1人決まっていません。

全員にチャンスがあります。 ただ上手いだけの選手を使おうとは思いません。

野球に真剣に向き合い、 本気で試合に出たい。チームの為にやりたい。勝ちたい。 という気持ちがある選手と共に戦いたいと思います。

最後になりましたがいつも温かく見守って下さる保護者の皆様。ありがとうございます。 また今週もよろしくお願い致します。

アカスポアスリート Tチーム 稲内 基

DSC_7244DSC_7261DSC_7252DSC_7267

2018年6月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

【また、ここから】

DSC_7208

6月9日 育成試合 VS アカスポ・アスリートTチーム(朱雀グランド)

2ー15<負け>

新チーム開始以来、初めての敗戦となりました。

選手の多くは、敗因を「技術力の差」と思っているでしょうが、私はそうは思いません。
なぜなら、ほとんどエラーが出ていないからです。では、Tチームと何が差なのか。
それは、「残塁の数」と「相手投手に投げさせる球数」だと感じています。

今回の試合、「残塁の数」はかなりありました。
つまり、ここぞという場面で一打が出ていないのです。対して、Tチームはどんな形であれ出塁したランナーを得点に繋げようと色んな事をしてきます。Bチームの選手たちはどうだったでしょうか?
投手との勝負に集中するのは構いません。ですが、速い球に対していつも通り振っては降り遅れると思ったら、バットを短く持つ。また、打席の立ち位置はどうか。考え行動してほしかったです。

次に、「相手投手に投げさせる球数」に関してはその文字通りです。
常々話している勝つための条件である、攻撃時間を長く・守備時間を短くするために出来ることを探さねばなりません。

ここまで書いてみて、選手たちにはもっと私の指示する「チーム戦術」以外に「個人戦術」を考え、プレーして欲しいのです。私も選手たちの、野球脳を鍛えるトレーニングを考えていきます。
だから、共に成長したいのです。

基本的に、敗戦の原因は監督の責任です。そのため今回は選手個人の評価については触れません。

また、ここから強くなるために選手と共に思考し、試行し、成長していきます。

最後になりますが、いつも温かく声援を送ってくださる保護者の方々ありがとうございます。
ここから、選手と共に成長していきますので変わらず応援宜しくお願い致します。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅 倫護
DSC_7218DSC_7241DSC_7250DSC_7291

2018年6月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【レベルアップするには】~初の平日練習~

図1

2018年6月5日(火) 今出川グランド

天候が心配されましたが、何とか初の平日練習を行うことができました。

平日練習はアスリートの選手が中心ですが、スクールで将来的にアスリートを狙う選手も参加してくれました。

平日という事もあり、学校帰りにそのまま制服姿でグランドに来た選手もチラホラ。

練習内容は選手達に相談させて決めました。

そこで、今回はバッティングと投手陣に分かれ練習しました。バッティングは普段の練習よりも数を多く打てました。

投手陣は投げ込みとフィールディングの練習をしました。

平日練習では普段のスクールよりも数多く打ったり、守れたりすることの他にも監督、コーチから個別にアドバイスできる時間が普段よりも長く設けられたりと

「野球が上手くなりたい!」

「今よりもレベルアップしたい!」

と思う選手には是非、参加して欲しいと思います。

1人ひとりが成長できる環境を作っていきたいと思います。

もちろん漠然と来ても上手くなれるわけではありません。個人個人でしっかり課題を持ってグランドに来てくれることが何より大事です。

選手達の野球が上手くなりたいという熱意に負けないように次回からも熱くコーチングしていきたいと思います。

次回は来週火曜日、わかさスタジアムの室内練習場です。

1人でも多くの選手がグランドに来てくれること楽しみにしています。

アカスポアスリート Tチーム監督 稲内 基

2018年6月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【ボトムアップを学ぶ】

図1

6月2日は、通常の練習の後に川西市立清和台中学校野球部の森田祐介先生をお招きして、「チーム力の向上ーアカスポ版ボトムアップを考えるー」をテーマに勉強会を開催しました。

森田先生とは、私(具志堅)が1月に参加させていただいた「我武者羅トレーニングカレッジ」にて出会いました。高校サッカー界で、じわりと広がる選手の主体性を伸ばす「ボトムアップ理論」をいち早く、中学軟式野球に導入した先生です。

結果として、週に3度ほどの活動しかしていない大教大池田中を大阪府第3位まで引き上げた先生です。活動の事は、『中学野球太郎』という雑誌にも取り上げらています。

図3

その森田先生に練習を視察していただき、勉強会をしました。
選手たちにも分かりやすい言葉を選んでいただき、選手たちも学べると共に、いつも温かく見守ってくださる保護者のかたにも話を聞いていただき学びを深めることが出来ました。

その中でも、「力を引き出すためのゴール設定出来る運営」や「ペップトークの導入」は考えさせられるものでした。

特に「ペップトーク」は、指導者が手本を見せていくことで選手たちも少しずつ出来るようになるかなと考えました。野球を通して、自己肯定感を育むことでアカスポを巣だっても、自分や他者への思いやりのある人間の育成には大切だと感じましたので、実践していきたいと思います。

森田先生、今回は遠方よりありがとうございました。
今後も、選手の主体性を大切にチーム作りをしていきたいと思います。

アカスポ・アスリートBチーム監督 具志堅倫護

図2

2018年6月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【 背番号「1」】

DSC_6522

5月26日(土) 春の天下一品杯・女子親善試合

この日、Bチームは通常練習でしたが練習前に、岡崎公園球場で行われた春の天下一品杯各部の決勝戦の前座試合「春の天下一品杯・女子親善試合」の観戦に行って参りました。

女子親善試合は、天下一品杯に出場したチームの女子選手が対象でしたので、アカスポBチームに所属している5年生投手も対象になりました。

その5年生投手は、本大会では登板はありませんでしたが、その後の合宿や練習試合、育成大会での活躍は目覚ましく、今回の親善試合には「背番号1」を預けました。

投手にとってエースナンバーは特別です。

チームの命運を1番背負う投手。
1番チームメイトから信頼されている投手。

が、「背番号1」を背負えると思っています。親善試合だから特別ではありません。彼女の成長は「背番号1」を預けるのに文句なしでした。

DSC_6542

試合では、始めて顔を合わせた選手の中で先発投手を務めました。四死球でピンチを招き、その後満塁ホームランを浴びたり無念の6失点で降板となりました。
四死球やホームランに対して何も言おうとは思いません。私が気になるのは、マウンドでの立ち振舞いです。投手がボールを投げないと何も始まらない、野球というスポーツの特性上、投手には多くの注目が集まります。だからこそ、ミスをしたり、四死球を出したり、打たれたりした後にどのように周りの選手に接しているのかが肝心です。イライラしている態度や、おどおどしている態度は周りに影響します。

マウンドに上がる投手は、周りの選手へ良い影響をもたらす投手であって欲しいです。

親善試合を通して多くの事を感じたと思います。秋の天下一品杯では、チームとしてあの舞台に立てるように精進して参ります。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護

DSC_6525

2018年5月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【グランドに立つべき選手】

DSC05967

2018年5月26日(土) VS安井エンジェルス

アカスポアスリートTチームは朱雀グランドにて安井エンジェルスさんと練習試合を行いました。

今回は先日の育成大会を見さして頂き今のTチームに足りない部分を補える選手をBチームから一時的に昇格させ、上の試合でどれくらい力を出せるか確認しました。

ここ数試合を見てチームの課題の1つはエース6年生が投手にいくとショートの守備力が落ちることです。

image1

その中で1試合目はエースを先発させBチームから昇格させた四年生の弟を9番ショートに抜てきしました。

彼はBチームでも4年生ながら中心選手としてプレーしているので問題ないと思いましたが、さすがにアップの段階では緊張した表情でした。

試合が始まり初打席、どうなるか見ていましたが初球をしっかり振りにいきセンターフライ。結果はセンターフライでしたが緊張している状況でファーストストライクを振りにいった姿。彼のもっているポテンシャル。メンタルの強さを改めて実感しました。

守備も相手のクリーンナップが打った強い打球を難無くさばき安定していました。これからが楽しみです。

試合は1-0で進む中、エースが無失点に抑え、最終回の攻撃にダメ押しとなる3点を追加しました。

相手のミスもありましたがここで3点とれた事、チームとして少し成長してきたと感じました。

4-0となった事でエースの完封も考えましたが、この場面ではBチームから上がってきた5年生投手を登板させました。

この投手は凄い球を投げるわけではないですが、コントロールでバッターを抑えてきた選手です。

彼も緊張していましたが、ヒットを打たれ、盗塁からチャンスを作られ失点しましたがなんとか1失点で抑えてくれました。

image633

良い形で勝利することができましたが、課題は中盤に追加点を取りきれないところです。ただエース中心にしっかり守りチームの目標でもある投手が3点以内に抑えて野手が4点取る野球をできた事は収穫です。

2試合目は新チームになってから勝ちなしと課題です。

メンバーは控えメンバー中心に挑みますが試合序盤に大量失点してそのままダラダラと負けるパターンが多いです。また1試合目と同じく、Bチームから2人をゲームで使いました。

今回は初回に2点を先制しましたが、その裏の守備で味方のミスなどから先発の5年生投手が崩れ、大量失点…

いつもの流れかと思いましたが、ここから攻撃陣が奮起し追いつき逆転に成功し勝つ事ができました。

以前にもブログで書きましたが、控えメンバーのアピールがまだまだ足りないのが現状です。なぜ練習試合を2試合組んでもらっているか?2試合目は控えメンバーで挑んでいるか?選手達には考えて欲しいと思います。

全員を出す為だけに2試合あるわけではないです。この試合崩れた先発投手ですが試合後、お父さんもおっしゃっていましたが、

「人を応援できない選手は応援してもらえない」

という言葉がありました。これは彼だけでなくチーム全員に対して言えることだなと思いました。

DSC059856

チームの誰もが認める9人がグランドに立つべきだと思います。選手達にはそういう選手になれるように一生懸命にプレーして欲しいと思います。

また、今回2試合を通してBチームの選手がプレーしてくれました。彼らのような積極的にアピールする姿を見てTの選手は何かを感じて欲しいと思います。また感じないといけません。

いつも選手達には話していますがヒットを打ったり、盗塁をしたり、三振を奪ったりすることだけがアピールではないです。

そのようなアピールももちろん大切ですが、当たり前の事を当たり前にする。

野球に対しての向き合い方。

人を応援する。

自分の役割を理解し全うする。

など。

たくさんありますがそのような部分を監督はしっかり見て評価したいと思います。

今回の試合はチームにとって良いきっかけになると思います。

image2

今後、Bチームからの昇格メンバーを検討していきたいと思います。

Tチームの人数は現在17名。枠は3つ空いています。

もちろん現在、Tチームのメンバーも確定ではありません。Bチームの選手達も今回の練習試合で昇格させたメンバー以外にもチャンスはあります。

ここから競争もラストスパートです。良い争いをしてくれると期待したいです。

今回練習試合をして頂いた安井エンジェルスさん。ありがとうございました。

是非、今後ともよろしくお願い致します。

最後になりましたがいつも応援して頂いている保護者の皆様、ありがとうございます。来週もよろしくお願いします。

アカスポアスリート Tチーム監督 稲内 基

DSC05891DSC05879image3image13

2018年5月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo