【思いは結果で】

IMG_6679

2018年9月22日(土) 朱雀グランド

練習試合 vs朱雀少年野球クラブ
Tチームにとっては天下一品杯の敗戦後、初となる対外試合でした。

結果から書くと
1試合目

8-4 勝ち
天下一品杯でも先発した5年生左腕が味方のエラーなどが終盤出ましたが、7回を投げ4失点(自責点2)四死球3と
粘り強く投げ自身、初の完投勝利を挙げました。

そもそも3イニング以上投げた事すら初めてだと思います。

以前にも記述しましたが、彼は身体が大きいわけでも凄いスピードボールを投げるわけではありません。

夏の個別練習で、コントロールを重視して投げるようにしてはどうかという話しをしました。

本人はスピードボールで三振が取れる投手になりたいという思いがありましたが、 身体がまだ成長段階ということや本人のピッチャーをやりたいという気持ちもあり勇気のあるシフトチェンジをしました。

その成果を天下一品杯という大舞台で発揮してくれましたが、最後までマウンドにいれなかった悔しさを練習に打ち込んできた結果が今日に繋がったと思います。

課題はありますが、彼からすれば一皮剥けた試合になりました。 これから更に成長してくれることを期待しています。

彼の野球に対する姿勢があれば、来年には本格派投手になっているかもしれません。

IMG_6681

また、投手をリードした6年生キャッチャーも素晴らしかったと思います。彼も配球に関しては天下一品杯で悔しい思いをしたと思います。

彼なりに考えてコミュニケーションを取りながら勉強していると感じました。 攻撃陣は相手投手のスローボールに苦しめられながらも天下一品杯後、強化している走塁からチャンスを作り得点を奪いました。

スクイズも一回で決める事ができたのもよかったと思います。
ただ、細かい判断ミスや終盤に選手交代があり控えメンバーが出場し布陣が変わるとミスが出ます。

相手のレベルが更に上がるとそこの詰めの甘さが命取りになります。 その辺りの修正をしていきたいと思います。
2試合目はスタメンをほぼ総入れ替えました。

初回から投手が味方のエラー、四球で崩れそれを返すこともできず、1-4で敗戦。
野球にミスは付き物ですがエラーが出て四球…というようにミスが続くと試合展開は厳しくなります。

監督として数字でチームを分析もしていますが、投手で例を挙げるとこのチームになってからの投手陣の1試合の平均四死球率は6〜7個です。

今日の1試合目と2試合目の四死球の数だけ見ても

試合の勝敗は歴然としています。

もちろん今回例に出した投手の四死球だけが原因ではありませんが、 四球で出した悪い流れを野手がエラーをして続けば勝つという事は難しくなります。

そのような流れをきれる選手、変えれる選手が2試合目のメンバー(1試合目の控え)にはいないというのが現状です。

1試合目スタメンで出た選手の中でも1~2人でしょう。

技術の差もありますが、そこの差がなくなっていかないとチームとしてもう一つ成長しません。
個人個人で見れば少しずつ成長している選手ももちろんいますが、まだまだです。

11月に開催されるスポーツデポ杯に出場することが正式に決まりました。
ベンチ入りメンバーは20名。

野球に対する姿勢や声を出していることなどももちろん見ますが、それができるのは大前提です。

試合で戦力になれる選手。結果を出せる選手を選びたいと思います。

結果や戦力とはヒットを打ったり三振を取れることだけではありません。そうなると現在、Tチーム18名の選手も安泰ではありません。

アスリート選手全員にチャンスがあります。
「試合に勝ちたい」「レギュラーで試合に出たい」「優勝したい」「エースになりたい」「Tに上がりたい」

など思う選手は数を多くいると思います。
ただその思いを実際に行動に移し結果を出すことは難しい事です。 本当にその思いを結果に変えることのできる選手20名を選びたいと思います。

最後になりましたが、試合をして頂きました朱雀少年野球クラブさん。ありがとうございました。
またいつも審判、整備、温かい応援をして下さる保護者の皆様本当にありがとうございます。

引き続き応援よろしくお願い致します。

アスリート Tチーム 監督 稲内 基

IMG_6704IMG_6706

2018年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【雨にも負けず】

IMG_5211

2018年9月21日(金) 大津(皇子山)スクール

8月末から先週まで雨に見舞われた大津(皇子山)スクール。

子供達と共に晴れを願っていましたが今週も生憎の雨となりました。

グランドにはもう見慣れた大きな水溜りが…
状態が良い所を選び走塁練習、フライ捕球練習をおこないました!

途中から降り出した雨にも負けず、
大人なら水溜りを躊躇してしまう場面でも全力で追いかけ必死にボールにくらいついていました。

ドロドロになりながらも練習終わりには

「今日も楽しかったわー」

と満足そうに帰っていく姿が見れました!!

アカスポの子供達は野球に対して雨なんかに負けない熱い情熱があります!!

来週は晴れたグランドで練習したいな‼︎

ドロドロになったユニホームを洗濯してくれるお母さんに感謝も忘れずにね!

元気にグランドに来てくれるのを楽しみにしています!
大津(皇子山)野球スクール 稲内 基 IMG_5212 IMG_5214 IMG_5215 IMG_5216

2018年9月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【戦う準備】

image133

9月15日のアスリートBチームの活動は、天下一品杯初戦に向けてTチームと育成試合を行いました。大会の初戦を前に、軽いメニューで調整をする野球チームは多くあると思います。

ですが、 週に1度の活動のアカスポが同じことをしていていいのかなと思うところがありまして、試合をしました。

戦術確認の意味合いもありますが、監督の私が注目しているのは「本当に戦う準備」が出来ているかです。
小学生である選手たちに求めるものとしては高いレベルかも知れません。しかし、試合をする以上は結果も欲しいのです。

では、具体的に「戦う準備」とは何か。

・試合に出て、これまでの練習の成果を出してやる!

という気持ちだと考えます。当然、成功をありますが失敗もあります。大会前の実践は失敗でも良いのです。その失敗を元に練習が出来るからです。
そう考えると、今回のTチームのと試合は大敗になりましたが良い実践でした。

投手陣は、しっかり打たれています。打たれるということは四死球より良いのです。
野手陣は、雨でぬかるんだグラウンドでの打球の対応が想定できたのではないでしょうか。
また、全体に言えることですが「積極走塁」と「暴走」は紙一重であり、暴走にならぬように一瞬で正確な判断が必要だということです。

ここまで書いていることは試合に出てから必要なこと。大会前の実践で私が見ているのは「本当に戦う準備が出来ているか」です。特にベンチにいる選手を見ています。どんな表情で、試合に入っているのかが大切です。

ベンチに居ても、気持ちが試合に入っているように見えなければ起用しにくいのです。選手たちが、集中して試合に入っていける環境は指導者が整えようと思います。最後は選手次第です。

ベンチにいる選手が試合に出て活躍できるのが、強いチーム。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護

image18image12image14image15image16image17image19image100image199image1456

2018年9月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

  【勝ちの価値】

IMG_6480

9月15日 VS 朱雀少年野球クラブ 14-5(2時間制限6回表まで)

この日の試合は、過去二度の雨天延期により、試合ができていなかった朱雀少年野球クラブとの試合でした。

アスリートCチームにとっては、約二か月ぶりの対外試合となりました。

まずは、試合に入る前のことから。連日の雨により、グラウンドコンディションは悪く、水溜まりができているところがちらほらありました。

ですが、グラウンドに早く着いたアスリートT・Bの選手が率先して水取りをしてくれました。Cチームの選手にとっては初めての水取りになりましたが、彼らにも率先してグラウンドの水を取りに行ったり、水取りの方法を教えたり、指示を出したりするT・Bの選手の姿を見習ってほしいものです。

次に試合について。この試合では、前回から大切にしている①イニングの先頭打者、②選手のコミュニケーション、そして今回は③「プレー」以外の部分の三つに重きを置きました。

③の「プレー」以外の部分というのは、野球の直接的な動きとなる、投げる・捕る・打つなどではなく、例えば、ベースコーチやボールボーイ、バット引きといったある種サポート的な役割ではあるが必要不可欠なもの。

加えて、あいさつや全力疾走といったアスリートの選手として当然にできなければならない行動を指しています。

ここに焦点化したのは、4名の新戦力が加わり、改めてアスリートの選手としての基本を見直したいという意図があってのことです。そして、試合を進めていくうえで何が足りていないのかや、自分の役割を判断して行動してほしいという思いがあってのことです。

IMG_6427

試合は、初回に3点を先制されますが、この時の出塁のされ方は選手にとって勉強になったと思います。

先頭打者は抑えましたが、二人目の打者にサードゴロの内野安打を許しました。グラウンド状況的に、打球の球足は速くならない→前の打球の意識を持っていないといけない(打者に応じて少し前目に守る)ということを知ることができたのではと思います。

1死一塁で迎えた三人目の打者の打球はショートにゴロが行きました。定石を踏むならば、6-4-3のダブルプレーですが、Cチームでは併殺を狙わずに、このケースでは一塁に送球するよう指導しているのですが、この選手は一塁走者をちらっと見てから、一塁に送球した結果、悪送球になってしまいました。

本人に聞くと「迷った」とのことだったのですが、例えば、他の内野手の選手と事前に連携をとっていて、ボールファーストの意識を持っていればこのミスは防げたと思います。

この試合で光ったのは投手陣です。4人の投手になげてもらいましたが、四球は全体で3つだけでした。四死球は投手のエラーと言われることもありますが、今回は四球からの失点もなかったので良かったです。

そして、初登板となった3年生投手には打者二人に投げてもらいました。課題も出ましたが、ストライク中心にうまくまとめてくれました。野手からは投手を支えるという雰囲気が感じられましたが、ベンチからももっと支えられると良かったと感じました。

IMG_6455

試合後のミーティングは、いつもよりも長い時間をかけて行いました。自分で振り返る→ペアで話し合う→全体で話し合う の流れを大切にして、全選手が試合を振り返り、話すことができる場を設けました。

試合の良かった点、改善点、今後の課題について話し合ってもらいましたが、ここでは課題だけを挙げますが、ずばり「打撃」です。ここを選手たちも課題に感じていており、この14点の取り方にも目を向けていたということで安心しました。毎回得点や全員出場は良かったですが、試合を通して内野の間を抜く安打は二本しかありませんでした。

四球や内野安打、エラーなどでの出塁が主だったのですが、四球をあまり出さず。内野安打を許さない、エラーもあまりしないチームだったらどうでしょう。14点を打ちまくって得点する力があると勘違いしてはいけません。

先週のBチームとのゲームでは1-20で敗れたということもあります。決して今回の勝ちを鼻にかけることなく、でも自信にしながら、次の目標にむけて励んでまいります。

IMG_6431

最後になりますが、試合をしてくださった朱雀少年野球クラブの皆様、グラウンド整備、塁審等サポートや温かい応援をしてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

これから日没が早くなっていきますが、より効率的な練習ができるように心がけていきます。今後ともよろしくお願いいたします。

アスリートCチーム監督 岡崎智郎

IMG_6412IMG_6438IMG_6419IMG_6385

 

2018年9月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【やってやろう!】

image2

先週末も雨が続き、予定されていた天下一品杯の初戦は順延となった。

土曜日は午前中に雨が上がったので、アカスポCチームTチーム連合チームと育成試合を行いました。チーム発足初めて、6年生を含めて全員で試合に挑んだ。

結果は、20-1で勝利。

チームとして調子は上向きである。
メンバーも6年生含め、全員出場が出来た。
それだけに、日曜日は試合がしたかった。
しかし、天気には勝てません。

また決まる日程に最高の準備をして挑むまでです。
最高の準備が出来るチームだと信じています。

 

image1
週に1度のチーム活動、NPO法人の野球スクールが母体の少年野球チーム。
明るく・楽しく勝ち進んで日本の野球の固定概念に挑んでいこう。
やってやろう!!

アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護

DSC_8062

2018年9月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【自分の夢に向き合う】

IMG_5124

2018年9月7日(金)大津(皇子山)野球スクール

先週に引き続き大津(皇子山)野球スクールはあいにくの天気…

雨は降ってはいませんでしたが、グランドには大きな水溜りが(_ _)

残念ながらグランドでの活動を断念し、皇子が丘公園体育館内にある会議室で座学をおこないました。

今回のテーマは『自分の夢に向き合う』

ということで話しをしました。

私が学生時代に学んだ心理テストも用いて、色々と話しをしましたが真剣に聞いてくれました。

IMG_5127

自分の夢を叶えるには?

目標を達成するには?

何をすることが大事だったかな?

今日をきっかけに「今」から変わってくれること。

来週からしっかりと目的、考えを持ってグランドに来てくれることを楽しみにしています。

成功する事にとらわれずたくさん失敗して成長しよう!

そんな選手をコーチ達は全力で応援します。

大津(皇子山)野球スクール 稲内 基

IMG_5128

2018年9月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【アカスポを活用してのキャリアデザイン】

図1
今回は、8月30日・31日と開催されました日本スポーツ産業会などが主催する「スポーツビジネスジャパン2018」へ参加させていただいた事を報告させていただきます。

そもそも、この催しは「最先端スタジアム・アリーナ改革の今を体感する」「地方創生スポーツ施設を核にした街づくり」「融合&革新」をテーマに行われました。その中でも、私はアスリートキャリアコンベンションという同時開催イベントの「四国アイランドリーグplusキャリアデザインプロジェクトについて」という講演に興味があり参加しました。

================================================================
四国アイランドリーグplusは、四国4県に所在するプロ野球独立リーグである。今年度より、四国アイランドリーグ出身の元ロッテ育成選手・生山裕人氏が中心となり所属選手のセカンドキャリアを考える「四国アイランドリーグplusキャリアデザインプロジェクト」をスタートさせた。
現役の選手を対象とした、キャリアデザインプロジェクトは画期的である。このプロジェクトをモデルに、アカスポで指導するコーチ陣のリクルートを考えたかった。

事情があり、昨年度と今年度の夏休み期間に自身が京都南ベースボールスクールで指導させていただく機会が多くあった。

普段、指導する御所ベースボールスクールとは違い、京都南はコーチの人数が少なく感じる。そこで、コーチの確保の為に勉強の機会を頂いた。

「四国アイランドリーグplusキャリアデザインプロジェクト」の話の中であった、キーワードを
2つ紹介し、そのキーワードからアカスポでのコーチング機会を活用したキャリアデザインを考
察していきたい。

図2

《結果に捉われず個性を大切にする》

→プロ野球の世界では結果が全てであるが、アカスポではそうではない。生徒・選手の個性を大切にすることで成長を促す。コーチ陣の中には、教員経験者や高校野球の監督経験者が居る。
多くの生徒・選手の成長を間近に感じること、自らのコーチングで生徒・選手が成長へ向け良い方向を向いたときの感動は何ににも変えがたい「やりがい」や「経験」となり、それが自身の成長にも繋がる。
また、アカスポの指導陣は現役の社会人や大学生など幅が広く、大学のサークル・クラブとは違った経験が得られる。そうした経験は人生の財産になると考える。

《学歴(球歴)コンプレックスをなくす》

→アカスポのHPには、コーチ陣の簡単な球歴などが掲載されている。「高校時代●●県大会ベスト●」とか「甲子園出場」「社会人野球経験」「大学日本代表」など輝かしい実績が書いている。
それを見て、自分は違うからと諦めていてはいつまでたっても道は拓けない。大切なのは、アカスポの生徒・選手たちと一緒に「成長しよう」・「挑戦しよう」という心。あくまで、実績は実績。大切なのは、今の気持ち。

以上の2点は、四国アイランドリーグplusキャリアデザインプロジェクトの話を聞いて、アカスポでも当てはまるなと思う。私自身、アカスポで生徒・選手と関わる事が成長のチャンスと感じるし誇りに思っている。

だから、少しでもアカスポでのコーチングに興味のある方は、ちょっぴり勇気を持ってアカスポで一緒に挑戦してほしい。

その、ちょっぴりの大人の勇気が子供達の大きな成長に繋がると信じている。

四国アイランドリーグplusのキャッチフレーズは「チャンスは四国にある!!」なら、アカスポは子供たちも大人も「成長のチャンスは、アカスポにある!!」だと思う。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護

 2018-09-01 17.16.382018-09-01 17.20.07
2018年9月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【アカスポサッカークラブ はじめての室内練習】

図1

アカスポ京都南サッカークラブは9月から4名が加わり合計14名で活動しています。
今週は雨天のため、サッカークラブとして初の室内練習を行いました。

前半はバランス能力を鍛えるための体幹トレーニングや細かい動きや方向転換を含むステップ運動など、普段の練習では行わないメニューを中心に取り組みました。

慣れないメニューに戸惑う選手達の様子も見られましたが、与えられたメニューをこなそうと一生懸命取り組む姿が印象的でした。

後半は中当てやドッヂボールなどといった遊びにサッカーの要素を取り入れたメニューを行いました。選手達はしっかりとルールを理解し、体の向きや動き、目線などを工夫して取り組んでいました。

選手達はどのようなメニューも楽しみながらプレーし、そこから多くのスキルを吸収していきます。吸収スピードが速く、どこまで成長していくのか楽しみです。今後もサッカーの楽しさを伝え続け、選手の成長の手助けを行います。

アカスポ(京都南)サッカークラブコーチ 長川 奈生

2018年9月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

【新体制】アカスポアスリート Cチーム

2018-09-01 16.54.18

9月1日の練習から、アスリートCチームにとっては、「新体制」になったといっても過言ではありません。

それは、チームに新たに4名の選手が加わったからです。昨日の初練習を経て、私自身もワクワクの気持ちがさらに燃え上がってきました。

こうしてお預かりさせていただく15名の選手をどう育成していくか、チームとしてどう育てていくかというところを指導者の中で改めて方向性を確立させて、練習・試合に挑んでいきたいと考えております。

<以下 在籍選手向けの「アカスポCチーム通信」より抜粋>

________________________________________

9月から新体制になるといってもまちがいではありません。それは、新たにCチームに4名の仲間が増えるからです。これで、今までできていなかった「ゲームノック」や「ランナーをつけての実戦練習」もできるようになりますね。もちろん、基礎練習も充実した人数での練習が可能になりますね。

さあ、4月からCチームのみんな、自分の上達を感じていますか?

監督は、Cチームの監督になる前に、午後のリトルクラスとジュニアクラスを担当していました。そこでは、ピッチャーやキャッチャーはコーチがやって、細かいルールも無視してやっていましたね。

そんな時にみんなと一緒に野球をやっていたのを思い返すと、みんなは「成長したなあ」と感じます。ですが、もちろん監督・コーチは完全に満足しているわけではありません。

それはなにか。「練習の差」です。土曜日の14時から18時以外でどれだけ練習していますか?この「練習の差」は少しずつ見えてきているように思います。

「まずい」と感じた人、素振り(すぶり)やボールを投げるだけでも良いのでかんたんなことから始めてみましょう。「自分は練習している自信がある」という人、そのまま続けて練習しましょう。どんな練習が必要かわからなかったり、自分に何が足りないかわからない時は、遠慮なく監督・コーチに聞いてくださいね。

そして、9月からCチームの選手となるみんな、Cチームへようこそ!!Cチームのチームテーマは、「全員野球」です。それがどういうことか…は練習の中で説明したり、話し合ったりして考えてもらうのでここでは省略します。

選手たちにはいつも言っていますが、このチームでは、「失敗してOK」です。どんどん失敗してください。

ただし、「なぜ失敗したのか」をかならず考えるようにして、次に活かしてください。それができる選手はどんどん試合に出てもらいます。チームに新しい風を吹かせてくれることを楽しみにしています。

また、現在のCチームの課題、それはグラウンド上での「コミュニケーション」の少なさにあると考えています。具体的にどうすればよいのかというと、グラウンドでもっと「野球のおしゃべり」をしてくださいということです。

そうすることで、おたがいにひとつひとつのプレーや次に起こりうることの「確認」ができます。新たに仲間も加わり、良い機会であると思います。仲間とコミュニケーションをとり、良い雰囲気を作っていきましょう!

アスリートCチーム 監督 岡崎 智郎

2018-09-01 16.58.51

2018年9月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

【いつもと違う場所・違う道具】

4C010D4C-6949-4DA7-BBB2-B7D6D526A9B9

2018年9月1日(土)

今日の御所スクールはあいにくの天気により左京区にて室内練習を行いました。

いつもとは違う場所で、違う道具でも楽しく練習することができました。

次回は外でできればいいなぁ。

アカスポコーチ 有水 諒

2018年9月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo