~第2回卒部式を行いました~

図2図3

2018年3月21日(水・祝)アカスポ野球スクール「第2回卒部式」を行いました。

図4図5

多くの選手や保護者の皆様に御参加いただき、盛大に卒部式を行う事ができました。

図6図7

卒部生代表の元キャプテンのあたたかいスピーチ。在籍生代表の現キャプテンの意気込みを込めた熱いスピーチ。

図8図9

笑いあり、涙あり、今年もアカスポらしい卒部式を行う事が出来ました。

図10図11

卒部する選手たち、次のステージでもアカスポで学んだことを忘れずに頑張って!

図12図13

君たちの帰ってくる場所が、アカスポにはあるから。

DSC_3989

そして、幾度となく唱和した「アカスポ訓」

しっかり心に刻んで歩んでいこう。きっと良識ある立派な人に成長できるはずだから。

DSC_4009

2018年3月21日

 ~アカスポサッカースクール体験会~

図6

2018年3月17日(土)アカスポ(京都南)サッカースクールでは、春の体験会を伏見公園で行いました。

図3

あたたかい小春日和の中で、思いっきりサッカーを楽しんでもらいました。

体験会に来てくれたみんな!また、一緒にサッカーしようね!

図8

2018年3月19日

 ~洛南高附小学校野球スクール 6年生最後の練習日~

図1

2018年3月14日(水)洛南高等学校附属小学校野球スクールでは6年生最後のレッスンとなりました。

思い返せば、洛南小が開校した3年前。今の6年生も、あどけない編入したての3年生でした。

あの時は、野球というよりも庭球遊びだったように思います。

そんな庭球野球も最後の練習では、6年生の全力投球のボールを大きな当たりで打ち返すほどの、レベルの高い野球に成長していました。

あっという間の3年間でしたね。

図2

中学校にいっても野球を続ける選手、他のスポーツにチャレンジする様々だと思いますが、アカスポで学んだ事を忘れずに、頑張ってほしいと思います。

また一緒に野球をしよう。いつの日か会えるのを楽しみにしています(^^)/

DSC_3627

2018年3月15日

 ~関西大学初等部 今年度最後の体操クラブ~

図3

2018年3月6日(火)関西大学初等部の体操クラブでは今年度最後の活動となりました。

前期、後期に分かれて多くの生徒達が受講してくれました。関大初等部の生徒達は、とても運動神経が良く樫原先生のレベルの高いメニューをこなしてくれましたね。

本日の最後の体操クラブは集大成ということで、これまで組んできた(跳び箱)と(マット運動)のテストをおこないました!

上手にできた生徒、そうでない生徒もいたと思いますが、全員が一生懸命取り組んでくれたと思います。

2~3年クラスの時間にある女子は、跳び箱のテストの時に2回チャンスがある中で1回目に四段を跳んで、2回目5段にチャレンジする姿も見れたり、練習ではなかなか跳べなかった8段を本番で完璧に跳べた子もいました!!

色々なスクールで様々な子ども達と関わる機会がありますが、関大初等部でも常に上のレベルを目指しチャレンジする気持ちを持っている子がたくさんいました!

3年生はこれで最後になりますが、次の学年に上がっても同じ気持ちを持ち続けどんなことも頑張って欲しいと思います。

1~2年生は新年度もまた受講することができます!次はどんな生徒たちが受講してくれるか先生達も楽しみにしています!!

最後になりましたがサポートで入って頂いた西本先生ありがとうございございました!大学卒業後は地元の富山に戻られ小学校の教員になられるようです!

今後益々のご活躍を期待しております。

稲内 基

2018年3月7日

 ~それじゃあ、勝てなくて当たり前ですね~

図3

平成30年3月3日(土)、天一杯の初戦でした。
残念ながら、結果は大敗、スコアは3対13でした。

ゲームでは、私が考える勝利の条件(①四死球を出さない、⓶盗塁を許さない、③捕球ミスをしない、④送球ミスをしない)をクリアできませんでした。

戦術的な話をすれば、野球は、ヒットを打てなくても勝てるんですよね。
昨夏の天一杯の初戦、ノーヒットで勝ったように…。
でも、守れない(自滅する)と、勝てないんですよね。厳しく言えば、ゲーム(勝負)にならないんですよね。

図2

ところで、午後からの練習終了後、天一杯の結果をコーチ陣へ報告したのですが、数名のコーチが気になることを伝えてくれました。

最近、Tチームの選手が挨拶をしない…と。
稲内監督と一緒にいると、挨拶をしてくれるのですが…と。

これを聞いて、「そりゃ、負けるよね」と、コーチ陣に話しました。

まず、挨拶とは、自分から先にするもののことを言います。
挨拶をしてもらった後に、挨拶を返すことは、「返事」と言います。
ついでに言うと、相手に届いてない挨拶は、「独り言」と言います。

次に、コーチ陣は、君たちが先に挨拶をできる人間になれるよう、あえて“間”をつくって待っているケースもあります。

これは、なぜ、でしょうか?
また、挨拶を先にできないといけないのは、なぜでしょうか?

それは、野球(チームスポーツ)の場面において、自分から先に声をかけることが、非常に重要なことだからです。

例えば、自分の投球がワイルドピッチになった時、自分と隣の野手との間にフライが上がった時、自分が内野ゴロを捕球し、一塁へ送球したが、そのボールがハーフバウンドになり、ファーストが捕れなかった時、自分の目の前にいるランナーが盗塁した時、などなど。
このような、自分がプレーに直接関わっている場面で、自分から先に声をかけるアクションを起こさないと、ミスやエラーにつながり、ひいては、このコミニュケーション不足により、チームが試合に負けてしまうかもしれないのです。

これは一例ですが、自分から先に挨拶することが、チームが勝利することへつながることを理解してもらえたと思います。

図1

オン・ザ・グラウンドで、先に声をかけられる選手になれるよう、オフ・ザ・グラウンドで、当たり前のことがきちんとできる人間に成長しましょう。

そうすれば、ゲーム後のミーティングで、いつまでたっても、「声がない」、「声が小さい」、「声、声、声…」といった念仏のような反省は無くなると思います。

最後に、アスリートこそ、アカスポ訓を忠実に実行して欲しいものです。
ある意味、技術練習よりも大事なことですね。
今回の敗戦を機に、初心(アカスポ訓)に返り、夏の天一杯に向けて、リスタートしてくれることを願います。

アカスポアスリートヘッドコーチ 樫原秀文

DSC_3283

2018年3月5日

 ~アカスポsnow学校~

2018年2月25日(日)六甲山スノーパークにて「アカスポsnow学校」を行いました。残念ながらインフルエンザで3名の欠席が出てしまいましたが…( ;∀;) 総勢40名の子どもたちと9人のコーチ達でスキーを楽しみました。そんな様子をリポートします!

図12図2

小雪舞い散る六甲スノーパーク。インストラクターの先生たちやアカスポのコーチ達とスキーを楽しみました。今日初めてスキーをするという子もいましたが、メキメキ上達していましたね。

図4

インストラクターの先生たちの判断で、上達すれば所属班が上がる練習法で行いました。最後はアカスポコーチ達と自由に滑る「フリー班」。多い子は50本ほど滑ったのと言っていましたね( ゚Д゚)

図5

お昼休みはカレーをいただきました。少しホッとする時間になりましたね。また、昼休みに1,2班はソリ滑りをしました。素敵な笑顔がはじけていました。コーチ達も楽しかった~(*^▽^*)

図6

最終的には15名以上がフリー班に所属。アカスポのコーチ達もあまりにも早い上達ぶりにビックリです(@_@;)

図7

凄い速さで滑走する子。派手に転んでしまう子。恐る恐るハの字で滑る子。チャレンジする全ての子どもたちが格好良かったです(^^)

図8図9図10

DSC_3171

第2回アカスポsnow学校。スキーや班別行動、恒例のビンゴゲーム大会など充実した楽しい1日となりましたね。様々な活動を通して、仲間と協力する大切さや、自然の雄大さを感じてもらえた事とと思います。本当にお疲れ様でした!

2018年2月26日

 ~笑顔のアカスポサッカークラブ~

2018年2月17日(土)今日も底冷えする寒い日となりました。

図1

アカスポサッカークラブでは、そんな寒さにも負けないほど熱い練習を行いました。

図3

コーチ達の指示を真剣に聞いて練習に励む子どもたち。自然と笑顔があふれていましたね。

図2

2018年2月18日

 ~上達・必勝祈願に行ってまいりました~

図8

2018年2月12日(月・祝)アカスポアスリートは上達・必勝祈願へ平安神宮に行ってまいりました。

神妙な面持ちでお参りする選手達。参拝後は緊張の糸もほぐれにこやかな表情になっていましたね。

図9

昼食タイムも楽しい時間。このわずか時間に選手たちの本音が聞けるので監督・コーチ達は「すき間時間」を大切にしています。

図10図11

さあ野球を学ぼう。野球から学ぼう。このかけがえのない時間を共有できる事に感謝しよう。

DSC_1062

2018年2月14日

 ~国語の底力~

図1

2018年2月6日(火)アカスポ京都教室は年長クラスのレッスン日。国語の授業では年長児とは思えないほどの集中力で作文に取り組んでくれます。

原稿用紙の使い方も本当に上手になってきましたね。

図2

「もっと書きたい!」そんな声が飛び交う授業。先生たちもみんなの作文を読むのが本当に楽しみです(^^)

アカスポでは、国語ほど底力が必要とされる教科はないと考えています。その国語の底力を低学年の間に「こっそり」身につけておきましょうね♪

図3

※今年度の年長さんが書いてくれた作品です。

2018年2月8日

 ~さあ スローオフ!~

図1

京都南(伏見)野球スクール(低学年)の一日の流れは、match(試合) → training(練習) → match(試合) を採り入れています。

「アカスポ訓」唱和の後は、チーム毎に、野球が上手くなる体操を3種類おこない、すぐにゲーム開始です。

と言っても、最初のマッチでは、野球のゲームをやりません。ここでは、他のスポーツを野球版にアレンジしておこないます。

ゲームのコンセプトは、野球以外のスポーツから、野球が上手くなる!です。もちろん、野球のパフォーマンス向上につながるよう、内容を工夫しています。

今日のゲームは、何かな?
さぁ、スローオフ!

京都南スクール 主任コーチ 樫原秀文

図2

2018年2月5日