「初勝利の味」

IMG_4826

7月28日 VS TKドラゴンズ 15-2

アスリートCチームでは、試合中止などもあり、前回の大敗したとき以来の試合となりました。結果は15対2(1時間制3回表で終了)で、チーム結成から初勝利を挙げることができました。

この試合、前回の試合の反省から口を酸っぱくして言っている、「先頭打者」にかなりの重きを置きました。その意識共有をコーチ陣と選手、また選手間同士でも図ることができ、試合の中で発揮できたというのが最も良かったことです。

具体的には、攻撃の時には先頭打者が「出塁」する。逆に、守備の時には先頭打者を「抑える」。これが徹底できることで大量得点が見込め、大量失点が免れます。

選手たちにいつも話していますが、ひとつのプレーに全選手が直接的に関わることができるわけではありません。ノーアウトのイニングスタート時の攻撃の際に打席に立てるのは一イニングに一人で、守備の際に打球を処理してワンナウト目をとれるのも一イニングに一人(場合によっては複数人)です。

だからこそ、全員がそのための準備をしておく必要があります。今回の試合では、すべてのイニングの初めに「先頭バッター、塁に出よう」とか「先頭バッター、抑えよう」と確認する声がありました。その結果、守備の面では先頭打者を二度とも抑えてリズムに乗ることができました。

攻撃は、三度の機会で一度のみの先頭出塁でしたが、塁に出ようとなんとかする姿勢は十分に表れていたと思います。

これから練習が必要なことは、外野と内野の連携にあると感じています。ここ最近は基礎練習、特に捕球することに焦点化して練習しています。その成果として、送球ミスはあったものの、内野ゴロをさばいたり、必死に捕りに行こうと打球に飛びついたりといったプレーがありました。

しかし、外野に打球が飛んだ時やカットプレーの時に内野に正しく返球できずに余計な進塁を許し、失点につながるということがありました。中継プレーの練習やゲームノック、実戦練習の中で補っていこうと考えています。

もう一つは、走塁練習です。この試合の中でもスライディングをしなかったせいで交錯しそうになったり、余裕があるのにオーバーランが小さかったりした場面がありました。中には、好走塁も一部ありましたが、チーム全体での練習が必要と感じます。

試合全体を振り返って、相手のバッテリーエラーや四球による得点で初回に6点を先制しました。これはこれで良いのですが、次の回に生まれた二本のタイムリーヒットで得点を重ねることができたというのはさらに良かったです。

最終回の守りは、時間の関係でなくなってしまったため、試したかったことができなかったので、次回以降に持ち越しとなりました。

冒頭にも述べさせていただきましたが、アスリートCチームにとってこれがようやくの初勝利になりました。ほとんどの選手にとって、対外試合での「野球人生初勝利」になったのではないかなと思います。

ひとつ勝てたというのは本当に大きいです。ですが、今回の勝利はまだ「本当の勝ち」ではないと思っています。接戦を制したり、緊迫した雰囲気の中で、「勝ち切る」というものではなかったからです。

ここからの練習や試合での言動から、Cチームの真価が問われると考えています。「本当の勝ち」に向けて、合宿や毎週の練習に励んでいきます。

最後になりましたが、猛暑の中、試合をしてくださったTKドラゴンズさん、本当にありがとうございました。また、選手たちへの熱い応援やサポートをしてくださる保護者の皆様、いつも本当にありがとうございます。高校野球のシーズン真っただ中ですが、いつの日かアカスポから全国に名を轟かせる選手を輩出できたらなと思います。今後とも、よろしくお願いします。

アスリートCチーム 監督 岡崎 智郎

IMG_4788IMG_4814IMG_4867IMG_4848IMG_4808IMG_4864IMG_4833

2018年7月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【貪欲さ】

IMG_4737

7月28日 練習試合 VS TKドラゴンズ (朱雀グランド)
7ー11 負け

7月最後の練習試合は、負けてしまいました。
負けるときに出るプレーは全て出てしまった印象です。

イージーな打球でミスをする。盗塁を決められる。ヒットが出る。
失点すると精神的に追い込まれ打席でも結果が出せない。
書いているだけでも悔しさが込み上がってきます。

特に、キャプテンの態度がチームの結果に現れています。
アカスポのBチームは、トップチームに入れなかった選手たちのチーム。いわば、2軍といっても過言ではありません。しかし、キャプテンを含め数名の選手は先々週開催された「きぬかけ杯」では、ベンチ枠の関係でトップチームに帯同しました。そこでの経験をチームに還元して欲しかったのですが…

エラーをしても、投手に声も掛けない。グローブとにらめっこ。
選手たちには「失敗しても良い、しかし失敗をしたら失敗を認め対応しよう」と話しています。この試合のキャプテンの対応は、この言葉とは違うものです。彼が、これまで下手くそでも態度でチームを引っ張るんだという姿勢だったので残念でした。

試合後、二人で話す機会を作りました。

キャプテンは、プレーでチームを引っ張らないといけないのにエラーをして視野が狭くなっていったようです。試合前にコーチと共に変化には気がついていましたが、そのまま試合に入ってしまい、結果が出てしまいました。これは、監督の私の責任です。試合後ではなく、試合前に時間を設けて話をするべきでした。選手も日々変化するし、チームも変化する。小さな変化に敏感にならねばなりません。選手たちは「上手くなろう」「勝ちたい」と思いながら、グランドに来ています。その思いを大切に指導せねばなりません。自分達も成長しているし、相手チームも成長しています。

だからこそ、アカスポは「勝利」に貪欲に試合に挑まねばなりません。

次に、よかった点を予想外の大量失点の後にスクランブル登板した5年生の投球は良かったです。大会でも、こういった場面があるでしょうから今後にも期待しています。他にも、Cチームより昇格した5年生と4年生が試合に出れたことです。これからは、大会に向けてメンバーも絞った試合が多くなるでしょうから、試合を経験できてよかったです。

また、初めて3年生選手をスタメン起用しました。体は小さく非力ですが、野球に対する取り組みや野球ノートでの自分のプレーへの振り返りを観ていると起用したくなります。今後も期待です。

今回の試合では敗戦となってしまいました。

しかし、保護者の方の理解の上で大会前に合宿を行うことが出来ます。何とか良いきっかけにします。

最後になりますが、TKドラゴンズの皆様・保護者の皆様ありがとうございます。感謝しております。

今後も、宜しくお願い致します。

アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護

IMG_4688IMG_4703IMG_4753IMG_4773IMG_4724IMG_4758IMG_4775

2018年7月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【きぬかけ杯】

image22

2018年7月14日 (土)きぬかけ杯

毎年、夏にTKドラゴンズさんからご招待して頂いている『きぬかけ杯』に出場してきました。

今回はTチームメンバーに加えてBチームから4名を昇格させて22名で挑みました。

例年通り抽選により対戦相手が決まり

1試合目 TKドラゴンズさん

2試合目 京都ルーキーズさん

となりました。

1試合目先発に指名したのは5年生右腕。

この投手は以前TKさんと練習試合をさせて頂いた時にサヨナラを決められた投手です。

リベンジを含め2試合あるということもあり彼を起用しました。

結果としては2回1失点でまずまずのピッチングをしてくれました。

2番手はアンダースロー5年生。

彼も1回1失点で役割を果たしてくれました。

この後エースが登板。

味方のエラーや判断ミスなどもあり2失点。

この最後の判断ミスによる1失点が痛かったです。

うちの投手陣も粘り強く投げましたが上回ったのは相手の左腕。

素晴らしいコントロール。球のキレ。

途中数回チャンスを作るも粘り強く、完璧なピッチングを見せつけられ最終回まで無得点…

最終回疲れから四球でチャンスを作り3点返すももう一本が出ず

3-4で敗戦。

この様な投手を打てないと天一杯では勝てません。

image2234

2試合目

先発は1試合目から引き続きエース。

初回の攻撃四番のタイムリーで2点を先制しましたが、しっかりしたスイングをしてくるルーキーズ打線に点を返され逆転を許し、2番手でマウンドに上がったキャプテンも打ち込まれ、11失点…

4-11で最終回の攻撃を迎えました。

ここから1試合目同様に粘りを見せ一点差まで詰めよりましたがまたもあと一本が出ず

10-11で敗戦。

今年のルーキーズさんは本当に振りが鋭くよく打ちます。

長打力がある選手が多く素晴らしい打線でした。

最後は粘りましたが完全に打ち負けたという印象です。

2連敗で結果は3位。

選手達の成長を感じてる事もできた大会でした。

アカスポの選手達も確実に成長していますが、当たり前ですが他のチームの選手達も成長します。

アカスポが週一回の練習に対し、他のチームは少なくとも週二回はしています。

その差を埋めるには、追いつき追い越すにはどうすれば良いか?

試合後のミーティングで選手達から出てきたのでそこに関しては少し成長を感じました。

ただそれを実践に移すことができるか。

実践に移せる選手が天一杯グランドに立てる9人だと思います。

2試合を通して最終回に一点差まで詰めよる今までにない粘りを見せる事ができました。

結果を見れば惜しい。あと一歩。

と選手達からも出ていましたが、いくら一点差まで詰めよっても追いつき勝ち越さないと意味がないです。

試合を近くでたまたま見ている野球好きな人から見れば良い試合だったと思います。

試合に勝ってこそ良い試合、ナイスゲームです。

1点差でも10点差でも負けは負けです。

勝ちにこだわる事を目標にやっていますので、今回の結果は悔しくて仕方ありません。

今大会を通して新たに課題も多く見つかりました。

・外野手のバッターを見てのポジショニング。
前後は考えてできていましたが左右について更に指導していかないといけないです。

内外野のカットプレーも乱れる場面が多かったので修正しなければいけません。

・打線の強化。

1~6番まではある程度振れる様になってきましたが7.8.9番にかけて打力がかなり落ちます。

バッティング練習の仕方や打順の組み方ももう一度考え直したいと思います。

・走塁

リードの仕方、スタートの切り方。ランナーコーチの声掛け。

全てにおいてレベルが低いのでそこの意識を1人ひとりが変えていければ得点力も上がってきます。

天一杯初戦まで時間はありませんが課題を1つずつクリアしていきたいと思います。

大会を運営して頂きましたTKドラゴンズ関係者の皆さま、熱い試合をして頂きました京都ルーキーズの皆さまありがとうございました。

冬のきぬかけ杯ではリベンジしたいと思います。

最後になりましたが猛暑の中、応援して頂きました保護者の皆さまありがとうございました。

天下一品杯では結果を出せるように子供達と頑張って参ります。

引き続き応援よろしくお願い致します。

アカスポアスリート Tチーム監督

稲内 基

image1image23image12image14image16image17image18image23image27image26image288image2123image1234image2222JPEG

2018年7月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

【あきらめずチャレンジし続ける姿勢】

image1
6月30日(土)練習試合 VS オール朱八・朱雀連合
6月の締めくくりは練習試合でした。
結果は、12-4で勝利となりました。
何とか、連敗脱出と10得点以上を達成することが出来ました。
では、今回の試合を振り返りたいと思います。
まずは良かった点を挙げていきます。
打線の活発さです。しっかりバットが振れています。夏にかけて、打撃を今まで以上に鍛えていきたいと思います。選手と約束した「全員がホームランを打てるチーム」を目指して、練習あるのみです。
また、投手陣も磐石です。先発5年生は持ち味を存分に発揮し長いイニングを投げました。リリーフ4年生と3年生はイニング途中からの登板でも普段通りの投球をしてくれました。最終回にマウンドに送った5年生女子選手は速球が冴えていました
そんな中、1番の収穫は控え捕手の台頭です。5年生女子選手は相談の上、コンバートして1ヶ月あまり。経験は少ないですが、安定感が出て来ました。セカンドスローもノーバウンドで投げられる強肩は魅力です。夏の天下一品杯は猛暑の中での試合が想定されます。控えとレギュラーの差を縮めることが鍵になってくるでしょうから、今後に期待です。男子捕手も今回の試合で盗塁阻止出来ていましたので安心してみていられます。
次に課題点を書きます。
今回見つかった課題点は、「打者走者のオーバーラン・駆け抜けの甘さ」です。全力疾走での走塁は出来始めています。しかし、ヒットが出たときのオーバーランにはムラがあります。また、凡打時の駆け抜け・ストップのレベルも低いです。次回以降の練習では、選手たちと相談し走塁を見直していきます。やはり、プレーするのは選手たちですので相談が肝心です。
ここまで書いてきましたが、本当に勝利出来たからこそ学べるのだと実感しています。
書いた内容以外にも選手たちの活躍は目を見張るものがありました特に代打から登場しライトの守備に就いた5年生は久しぶりの出塁。感動しました。結果が出ない中でも、試合のときはランナーコーチ、練習のときにも声を張り上げ、コーチや私からの指導にも耳を傾け我慢し我慢し練習し続けました。綺麗なヒットではありません。ですが、彼のような選手の活躍がチームに勢いをつけます。
まだ、チームの中には結果が出ていない選手や出番の少ない選手が居ます
そういった選手には、あきらめずチャレンジし続ける姿勢を期待しています。先記した通り私は「全員がホームランを打てるチーム」を目指すと選手に話しました。レギュラーだけではいけません。「全員」が打てるチームです。難しい課題です。ですが、挑みます。スタッフを含め全員で挑みます。そのために、全員があきらめずチャレンジし続ける姿勢が必要なのです。
最後になりましたが、オール朱八・朱雀連合の皆様・保護者の皆様ありがとうございました。今回も良い機会・学びとなりました。本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護
image2image12image13image14image16image22image23image26image25image36
2018年7月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo