【アスリートC初陣】野球を通して学ぶこと

 

2021年3月27日(土)

天下一品杯初戦 

アカスポC 対 精華アトムズ

 

結果 4対9 敗戦

 

悔しい敗戦になりました。しかし、チームとして成長を感じることができる1戦でもありました。

今年の1月にアカスポCチームとしてスタートして初めての公式戦。

少しの不安と大きな期待を持って挑みました。

点数差は開きましたが、最終回まで4対5の拮抗した試合展開でした。

チームを率いた監督として、3つの成長を感じることができました。

それを伝えたいと思います。

 

【1】点を取られたら、すぐ取り返すこと

 

初回に相手の3ランホームランを打たれましたが、直後の1回裏に先頭打者からの3連打ですぐさま同点できたこと。

目に見えないもの。つまり「試合の流れ」を引き寄せることできました。

 

【2】ボール球に手を出さないこと

 

試合前にテーマを決めました。

「好球必打」

ボール球に手を出さす、ストライクは積極的に打ちにいくこと。

結果、安打とフォアボールで出塁して得点につながることができました。

 

【3】悔しい気持ちを持てたこと

 

試合後、たくさんの選手が悔し涙を流していました。

きっと負けたこと。力を出し切れなかったこと。失敗したこと。

色んな気持ちが交錯したと思います。

ジュニア世代の君たちに必要なことは…

たくさん失敗して、

たくさん成功して、

野球からいろんなものを学ぶことです。

 

試合後のミーティングでは

「前回の試合よりチームの雰囲気が良かった」

「今回の試合では、成功する場面がたくさんあった」

など肯定的な意見もたくさん出ていました。

チームを勝利に導けなかったことは、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし、力をつけて勝てるチームに成長できると確信できた試合でもありました。

 

 

今回の悔しい気持ちを忘れないようにしよう。次は嬉し涙を一緒に流そう。

きっと君たちは、アカスポを代表するアスリート選手になれるはずです。

 

最後に本大会主催の全京都少年野球振興会の皆様方。試合をしていただきました精華アトムズさん。

本当にありがとうございました。

また、保護者の皆様方、あたたかいご声援ありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 

Academic & Sports

木村祐二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です