【偶然ではなく必然】

スポーツデポ杯3回戦。

vs.物集女ボンバーズ

6-5でサヨナラ勝ち!!

 

今回は自分達で首を絞めるプレーが随所であり、苦しいゲームとなりましたが、

以前までならズルズルいくところをカバーしながら、

追いつかれても追い越される事はありませんでした。

それができたのは野球はミスが出るスポーツ。

出たらそこを仲間がカバーしよう。

と言う事を加茂フレンズ友好大会での惨敗以降、

口酸っぱく伝えてきました。

それを選手達が苦しい状況でも試合に出場している、してないない関係なく1時間20分やりきってくれた結果です。

 

キャプテンを中心に何とかしたい。チームを変えたい。

と言う気持ちでチームの意識を変えてこれた成果が出てきました。

 

全員の思いが一致し同じ方向に向く事でチームが変われたんだと思います。

最終回、一死三塁。サヨナラの場面。

それは前日のラストメニューのベースランニング時の雰囲気と同じでした。

ベースランニング走る前に一言発してから一周走ると言うメニュー

何の巡り合わせか、、、

そのメニューのトリを務めた選手が打席にいました。

「明日も勝って優勝しましょう」

と発したと思います。

緊張する打席の選手に自然とリラックスさせる声かけが起こるベンチ。

前日と同じでした。

負ける気がしませんでした。

彼なら決めてくれると私含めてチーム全員が信じていたと思います

その様に思ってもらえるのは彼もキャプテン同様にチームの中心で時には怒られて涙を流しながら、それでも挫けずに前を向いて

何か変えようと必死にやってきた選手だからです。

本当によく決めた‼️よくやった‼️

この巡り合わせは偶然ではなく必然だったと思います。

 

そしてこうして試合に勝てた事も偶然ではなく必然です。

今まで頑張ってきた事。思いが相手を上回ったと言う事です。

また今回の相手は昨年のチーム(現中1)が公式戦で負けた相手でもあり

選手達とは去年の借りを返したいと話しをしていました。

そこについてもリベンジできた事、嬉しく思います。

今回の勝利でベスト16です。

アカスポ アスリート史上初の公式戦4回戦進出です!!

今まで先輩達が作ってきたアカスポの歴史を塗り替える事ができましたが、

まだまだ戦いは続きます。

これから先の戦いでは今回の様なミスはより命取りになるでしょう

緊急事態宣言に伴い次戦までは、時間があるので課題の修正を徹底していきます。

まだまだこのチームで試合が練習ができます。

1回の練習を大切に次に向けて全員で頑張ろう。

 

最後になりましたが寒い中、応援をして頂きました保護者の皆様ありがとうございました。

引き続き温かい応援をよろしくお願いします。

 

アカスポ Aチーム 監督 稲内基

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です