【アスリートA(現6年)チーム】『勝負どころと引き際』

今週はデポ杯の2回戦、物集女ボンバーズさんと試合をさせて頂きました。
 
結果は、6対5のサヨナラ勝ちでした!
 
攻撃面では、しっかりバットを振り切る場面では振り切り、細かいサインプレーを決めきるなど、練習通りの攻撃ができました!
 
 
問題は守備面。
 
2つのフィルダースチョイス、無駄なフォアボール、イージーなフライエラーなど。
 
2つのフィルダースチョイスは、無難なプレーをすべき場面でそれが出来ず、ピンチを広げてしまう結果となりました。
 
 
まさに『勝負どころと引き際』です。
 
同じ失敗を繰り返してしまった彼の責任は確かに大きいかもしれません。
 
しかし我々はチームでやっています。
 
ミスが起こる前に声掛けできていたのか、余裕を持って考えることができていたのか、練習でシビアにシチュエーションを考えて練習できていたのか。
 
我々も含め、チーム全体のミスと受け止めて練習することが次に繋がります。
 
あまり良い試合内容ではなかったのですが、結果は勝ちました。
 
まだまだ、チームとしても、個人としても強くなれるチームです!
 
引き続き、良い練習、レベルの高い練習をしていこう!
 
 
 
 
アスリートAチーム コーチ 村田祐生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です