【責任】

 
10月6日、理事長杯争奪大会の1回戦、下京JUクラブさんと試合をさせて頂きました。
 
結果は、4対3で見事勝利することができました。
 
私の野球人生の中でも忘れられない試合になりました!
 
ほんまにみんなよく頑張った!おめでとう!!
 
試合はなんと、少年野球では珍しい7回まで突入し、最後まで集中を切らさずに逃げ切ることができ、非常に両チームレベルの高い試合でした。
 
相手チームの下京JUクラブさんだからこそできた経験だと思います。
感謝しかありません。
 
今までの練習でやってきたこと、アカスポBチームの野球が全て出しきれたことが勝因だと私は思います。
 
今大会で初めてエースナンバーを背負った選手を、2点リードの最終回で登板させました。
 
しかし、結果は1アウトしか取れず途中交代。
 
 
彼はエースナンバーを背負った責任感からか、いつも通りの投球ができませんでした。
 
この悔しい経験を生かし、次の登板で必ず取り返して欲しい!
 
このような素晴らしい7回までの試合を一緒に作り上げた、下京JUクラブさんの分まで、我々は勝ち上がる『責任』があると私は思います。
 
そして、なかなか結果が伴わない中、子ども達と、アカスポBチームを信じて応援して下さった保護者の皆様、いつもあたたかい御声援、選手達が戦いやすい雰囲気作りをして頂き感謝の気持ちで一杯です
 
優勝を目指して戦っていきますので、次の試合も応援宜しくお願いします!
 
アカスポアスリートB(U11)コーチ 村田 祐生
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です