【ひとりひとり楽しもう!】

9/14(土) vs 大宮ジュニア

朱雀グラウンドにて大宮ジュニアさんと練習試合をさせていただきました。
結果は1勝1敗
非常に内容のある試合になったと感じました。

先発の選手が非常に落ち着いており、先頭打者を抑えテンポの良い投球をしてくれました。やはりテンポが良いと守備も声がよく出るようになるし、何より守りやすかったと思います。

その流れもあり、先制点を挙げることができました。その後も追加点をとり試合を優位に進めていましたが、最終回に突如崩れ4失点で逆転負け。1つのプレーで展開が大きく変わってしまうということがよく分かったのではないでしょうか。

悪い雰囲気になった時にどんな声がけをしてあげられるかが非常に重要です。誰か一人でも明るい声がけをすることが出来れば、悪い雰囲気を断ち切れるはずです。

2試合を通じて全員試合に出ることができました。その中で子供たちは「試合に出られるのは楽しい」と言っていました。では、「ベンチにいる時はどうだった?」と聞いたら「あんまり…」と答えていました。気持ちはよくわかります。しかしそれは、チームの目標としている「全員野球」はできていません。

そこで私は、「ヒット1本、四球1個、アウト1つにでも全員で喜んで、ハイタッチすれば楽しくなる、自分たちで楽しみなよ」と言いました。

最後に、いつも試合をしてくださる大宮ジュニアの皆様ありがとうございます。
また、いつも温かい応援をしていただく保護者の皆様ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

アカスポC(U10)ヘッドコーチ 栗生 強志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です