【アスリートA】『自分の為に、そしてチームの為に』

 
6月28日、本日は藤ノ森スーパースターズさんと、練習試合をさせて頂きました。
 
今回はあえて、試合結果であったり、試合内容にはふれません。
 
誤解を招くかもしれませんが、試合結果や内容が悪かったわけではありません。
 
監督交代ということもあり、今までとは違う選手起用、戦術などがありました。
 
今まで、レギュラーメンバーとして出場していた選手が控えになり、悔しい思いをした選手がいると思います。
 
その中の1人の(本日渡した、背番号6番の選手)は、2試合目に出場したのですが、守備でも好プレー、打っては、3打数2安打と結果を残してくれました!
 
しかし、背番号6番を1番褒めたいところは、プレーではありません。
 
3打数目の打席での姿勢です!
もう2安打しているにも関わらず、甘い球をファールにしてしまい悔しがっていました。
 
彼が自分の為にバットを振っていた何よりの証拠だと私は感じました!
 
野球は、団体競技なのでチームプレーが求められるスポーツなのですが、個人プレーの要素も求められるスポーツだと私は思っております。
 
まずは、『自分の為に野球する』それを積み重ねれば自然と、『チームの為に』になってきます!
 
本日、特に2試合目に出場した選手にはこの意味を深く考えてほしい!
 
そうすれば、レギュラーが見えてくると思います!
 
本日は厳しい言葉を選手たちにかけましたが、私は期待していない人間には厳しい言葉はかけません。
 
アカスポAチーム20人全員に期待しています!
 
最後になりましたが、練習試合をして頂いた藤ノ森スーパースターズさん、そして、いつも子どもたちと、アカスポAチームをサポートして頂いてる保護者の皆様、ありがとうございました。
 
 
アカスポ アスリートAチーム コーチ  村田 祐生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です