【新たな幕開け】

20190427_134942

4月27日(土) 大宮ジュニアさんとの練習試合を行いました。

試合での反省点は今日はいつも以上に沢山あるように感じました。

全てを書いてしまうととても長くなってしまう為、試合前のチームミーティングで目標になっていたこと1つを例に挙げたいと思います。

「初球から積極的にフルスイング」

試合中、正直に言いますとこの目標に関してはほとんどできていないように見えました。

試合後に選手たちに私がどうだったか聞いた時、選手自身が「目標にもあることをできていなかった。」と話していました。

ではそれが『なぜ?』できていなかったのかを選手たち自身で考えてほしいと伝えました

試合前に「〇〇を積極的にしよう」

試合後に「〇〇を積極的にできなかった」

それで終わってしまっていたら、とてももったいないです。

全てに『なぜ?』と自分に問いかけて、そしてそれを次回の練習の時に一つ一つ改善していく。

そうしていくことができれば、着々と成長に繋がるのだと思います。

今回は私が思った『なぜ?』という部分も書きたいと思います。

今回なぜ目標にあることをできなかったのか、私なりに考えた結論は「準備」。これに尽きると思います。

以前にも選手たちに伝えたことがあります。選手たち、覚えていてくれているでしょうか。

「ベンチにいる選手が試合に入れていない」ということ。つまりは、試合に入っていくための準備が出来ていなかったように思います。

「代打でいくぞ。」といつ言われてもいいように、打席に立っているイメージを持てているのか。

今投げている投手と対戦するためにタイミングを合わせていましたか?

1球目からフルスイングしようと思うと事前に準備しておくことがとても大切だと思います。

以上が、今回の試合で私が感じた事です。

選手たちには、出来たことは自信にし、出来なかったことは反省し改善しようと努力する。

これを繰り返すことで成長に繋げていってほしいと思います。

このブログを書いていてふと思い出しました。

「少しずつの積み重ねが自分を超えていく事に繋がる。一気に高みに行こうとすると、今の自分とのギャップがありすぎて、続けられない。だから、地道に進んでいく。後退する時もあると思う。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。」

私の記憶にある言葉で、一語一句違わないということはありませんが、イチロー選手が引退会見で話していた言葉です。

私はこの言葉にとても感銘を受けました。だからこそ、この場でも伝えたいと思い、書きました。

1つの試合で改善点はたくさん出ます。それでいいんです。そうでなかったら、それがチームの出来上がりと同等です。

一気に改善しようなんてそんなことはできないのです。一つ一つゆっくり丁寧に。そして粘り強く努力する。

それが大切だと私は思います。

平成も終わり、新たな時代の幕が開きます。

常に前を向き努力し、新たな令和時代のヒーローになれるよう突っ走って行きましょう。

最後になりましたが、

練習試合をして下さった大宮ジュニアの皆様、

温かい応援をいつもして下さる保護者の皆様、

誠に有難うございました。どうぞ、これからも宜しくお願い致します。

アカスポアスリートA(U12)コーチ 山田拓弘

20190427_160548IMG_6034IMG_6040IMG_6048IMG_6057IMG_6059IMG_606020190427_160559

 

2019年5月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo