【最終回の涙】

IMG_288420190224_160700

2/24(日)、育成プロモーションカップが、わかさスタジアム京都にて行われました。
Cチームとして初めての公式戦、また1日2試合ということもあり、私自身も不安な気持ちがありました。

結果は、vs.TKドラゴンズ   1-11 勝ち
vs.羽束師ラビット 1-5 負け

準優勝でした。
球場に来た子供たちの顔を見ると、とてもいきいきとした良い表情をしていました。ミーティングでは、自信を持って思いきってプレーしようと伝えました。

この大会で子供たちは練習で行ってきたことをよく実践してくれたと感じています。また、多くの事を吸収して、改善点も見つかりました。守備では、一つ一つアウトを重ねたり、進塁を防いだりと良い場面が随所で見られました。逆に走塁では、次の塁を見据えて常に狙う姿勢がありました。打撃でも強いスイングを心掛けていて、どの選手も強く振れていました。

改善点は、技術はもちろんのことですが、ここでは気持ちについてピックアップしたいと思います。気持ちが足りないというわけではありません。気合いは十分であったと私自身も感じております。というのもこの2試合を通じて、勝った喜びと負けた悔しさの2つがありました。この2つの感情をもっと表現できると思いました。

ちろん子供たちの心の中で、それは間違いなくあるでしょう。しかし、その気持ちを全員で共有してほしいと私は思いました。それができれば、チームとしても個人としても一回り二回り大きくなれると思うからです。現に2戦目の最終回、負けている状況の中で泣いている選手がいました。その選手をみんなが気にしています。なんで泣いているのか?それは悔しいからです。その悔しさを最後の攻撃でぶつけようと話しました。そこから繋いで1点取れたのも事実です。こういった気持ちがあるからこそ成長することができます。

喜びや悔しさの感情を全員で表現することができればもっともっと君たちならできます。

最後に、TKドラゴンズさん、羽束師ラビットさん、温かい声援を下さった保護者の皆様、ありがとうございました。

アカスポアスリートCチームコーチ

栗生 強志

IMG_2666IMG_2674IMG_2686IMG_2706IMG_2792IMG_2874IMG_2951IMG_2947IMG_2758IMG_2964

2019年2月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo