~コミュニケーション~

図6

2月に入り天下一品杯まで1カ月をきりました。そんな中、生憎の天気になってしまった昨日の2月10日(土)

グランドで練習したかったですが天気には勝てず…わかさスタジアムの室内練習場での練習、トレーニングとミーティングをおこないました。

ミーティングでは新チームになって1カ月が経過したチームについて感じているところ、改善点を全員が話す機会を設けることができました。

ジュニアクラスやBチームから昇格した選手は、遠慮があるのか特に新5年生は新6年生になかなか自分の意見が言えないところがありましたが、良い機会になりました。

また、新6年生のI君は積極的にミーティング中も発言し、Bチームの良かった所をTチームでもやろうと他の選手達に伝えてくれました。

他にも守備のサインプレーのフォーメーションの確認等もしたかったのですが、選手間のコミュニケーションが耐えることなく今回は良しとしました。

図9

練習では野手組とバッテリー組に分かれおこないました。野手組は樫原コーチ、渡部コーチにお任せして守備練習をしました。捕球するにあたりコツを掴んだ選手もいるようです。

私はバッテリー組を見ましたが、課題は捕手。特に新5年生捕手のN君には熱く指導しました。

恥ずかしさがあるのか…

投手に対してコミュニケーションが全く取れない。「ナイスボール!!」の声が小さい…

現状はただ受けている壁と変わらないと話しました。

色々と厳しく注文をつけましたが、彼が変わることによりチームは良くなるという確信があります。

特別扱いするつもりはありませんが、期待が大きい選手です。期待に応えてくれることを信じたいと思います。

練習終了後には天下一品杯の背番号を渡しました。

今回の背番号には期待や激励の意味を込めている。その意味を考え、理解し本番まで過ごして欲しいと思います。

天下一品杯まで時間がありません。引き続きチーム作りを進めていきます。

アカスポアスリート Tチーム監督 稲内 基

図12

2018年2月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo