【ティーチング・コーチング・ラーニング】

KIMG1164

1月6日に開催された、「第9回 我武者羅トレーニングカレッジ」 の2日目に参加してきたので報告させていただきます。 昨年に引き続き参加となりました。

今年のテーマは、『 最強の組織づくり~リーダーが人財を育てる~』です。

会には、 中学軟式野球の指導者(教員)を中心に多くの人が来ていました。 印象としては、私のような学童野球指導者は少ないようでした。 しかし、野球・ 教育というテーマでは同じ熱さを持つ人たちの集まりなので心地よ いアツさがありました。

この日は、 2人のゲストが登壇し講演を行ってくださった。そのなかでも、 三重県の久居農林高校・松阪高校で甲子園出場経験のある、 次世代リーダー育成会社 Human Freeman代表の松葉健司さんの話はすごく勉強になったので 紹介させていただきます。
「チームマネジメントや選手指導にて、問題を細分化し「本質」 を分かるということが大切である」

当然だな。と感じましたが、 その感覚こそ松葉さんの話す「本質」を捉えていなかったのです。

「本質」とは人間力であり、人間力向上こそ問題(課題) 解決には大切。人間力向上とは、心と体を健康な状態にすること。 そうすることで、 意欲が向上し心身が不安定なときには大きく感じていた問題( 課題)が解決していくというものでした。

また、 意欲を向上させるために「感情」から刺激するコーチングが肝心。 感情という言葉を、教育・ スポーツ指導に持ち込むのを嫌う層の人たちもいるでしょうが、 感情とは、選手(子供)たちの能力UPの為に「その気」 にさせることであり、 こちらの感情を一方通行させることではないということです。
「口ではウソはつけても、体と心はウソをつけない」 改めて考えることで、「ハッと」してしまう。選手指導の時、 しっかりと心に語りかけ共に歩むコーチングが出来ているだろうか 。指導者として、選手を「その気」 にさせることが出来ているだろうか。指導者として、 リーダーとしてこれからは意識し実践していきたい。

今年も有意義な学びが出来た。
大切なことは、学んだことを整理し選手たちに還元していくこと。
指導者にとって大切なことは、ティーチング・コーチング・ ラーニング。
アカスポ・アスリートA(U12) 具志堅 倫護

KIMG1159KIMG1168

2019年1月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

【アスリート新Cチーム出発!!】

IMG_1047

2019年1月5日(土) 今出川グラウンド

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

改めまして、アスリートCチームの監督となりました後藤 雅宗と申します。

今年も選手達の成長を第一に私自身も成長していきます。

よろしくお願いいたします。

この日、午前中は雨がちらついていましたが、午後からは晴れたなかでの今年初めてのアスリート練習でした。

最初は皆、初めて顔を合わせる子が多く、やはり緊張気味。

ですが、昨年からアスリートで活動してきた選手達を中心に、荷物の準備、グラウンド作りをしてくれました。
そんな姿を見て、彼らが昨年Cチームで学んだことが、いかされているなと感じました。

ボトムアップ理論で活動していくなかで、1つのチームをまとめ、引っ張っていく大切な存在が、キャプテンです。
私は昨年と同様にキャプテンを1人任命しました。

しかし、昨年の反省として、キャプテンに大きな負担をかけてしまっていたことがありました。
そんな反省をいかし、今年からは新たに、副キャプテンを2人任命することにしました。

もちろん、実際に活動するのは彼ら自身ですので、やってくれるのか、チームメイトが賛成するのか、考慮する必要がありました。

キャプテンは新4年生の選手です。彼は、昨年もCチームのキャプテンとして、年齢が上の選手が多いなかで、チームをきちんとまとめてくれました。

副キャプテンは新4年生と新3年生の選手です。

新4年生の選手は、周りをよく見ることができ、今何をすべきなのかを考え、行動することができる選手です。

新3年生の選手は、昨年アスリート唯一の2年生選手として活動しました。最後の球際まで全力でプレーし飛びついて捕りにいくガッツがあり、元気でチームを引っ張ってくれます。
結果、彼等は快く引き受けてくれました。

練習前のミーティングで、今年のチーム目標と、個人の目標を考え、発表してもらいました。

皆積極的に発表してくれたことが印象的です。
このミーティングで決定した今年のCチーム目標は、

『全員野球で最後の一球まで全力を尽くす!!』

に決まりました。

全員野球とは何か、全力とは?など、まだまだ抽象的ではありますが、具体的なことは、個人の目標と共に、考えてもらいました。

全員野球を早速練習のなかで実践してくれました。
それは、ダイヤモンド三周をノーミスでボール回しをする練習です。
最初はエラー、暴投が多く、一周もうまくいきませんでしたが、制限時間ギリギリで成功出来ました。
成功した後に、選手同士でハイタッチしているところを見た時に、全員野球を実践しているなと感じました。

新チームの初めての練習でしたが、新たにアスリートに来た選手達は必死に食らい付いてきてくれ、元々アスリートにいた選手達は先輩らしい姿を見せてくれました。

とても良い雰囲気で初練習を終えることが出来ました。

これから一年間このチームで活動していきます。
選手達、君たちのチームです。
一人一人が持っている、色(個性)を合わせて、Cチーム独自の色を作り上げで下さい!
そのために、質問や悩みがあったらどんどん来て下さい。
私達も全力でサポートしていきます!

新Cチーム頑張ろう!

アカスポアスリートCチーム監督

後藤 雅宗

IMG_1045IMG_1062IMG_1061IMG_1049IMG_10521

2019年1月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【まっすぐ前を】

IMG_1076
1月5日、アカスポ・アスリート新体制の船出となった。
今年から学年制へ移行しチーム活動を行う。
記念すべき1年目のAチーム(U12)の船出は「キャプテンの涙」からスタート。
この涙を、1年で悔し涙から嬉し涙に変える挑戦が始まった。
そう思う。涙の理由は、不甲斐なさ。

アカスポ・アスリート史上初のWキャプテン。

彼は、キャプテン3年目。私が新米指導者の1年目からキャプテンを任せています。
特別、野球が上手ではない彼をなぜ私がキャプテンにしているのか?それは、「まっすぐ前を見て」野球をしているからです。

今回の練習も、1人1本の盗塁練習でスタートをミスしました。すると、目を真っ赤にしながら「もう1本いいですか?」と聞いてきました。もちろん、答えはOKです。
練習の1本に本気で挑めているからこそ、失敗して悔しい。でも、悔しいだけでなく前を向いて再びファイティングポーズを取ったのです。たいしたヤツです。強いなと感じます。

でも、まだまだ小学生。
悪いスパイラルに入ってしまい悔しさが涙になりました。

初回の練習。
各選手は少し遠慮がちなコミュニケーション。

キャプテンとして、そこが気になっていたようです。
それを一人で抱えてはいけません。Wキャプテンなんだから、2人で考えてチームメイトに伝えていけば良いです。グラウンドで野球を楽しむのは選手。
グラウンドで野球を楽しめるようにするのが指導者。

「キャプテンの涙」を絶対に糧にします。

チーム全体で、まっすぐ前を。

※保護者の皆様、blogをご覧の皆様、2019年シーズンも温かい声援宜しくお願い致します。

アカスポ・アスリートA(U12)監督 具志堅 倫護

IMG_1125IMG_1085IMG_1138IMG_1121IMG_1112IMG_10961
2019年1月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【アスリートBチーム始動!!】

IMG_1032 (2)

2019年1月5日(土)今出川グラウンド

皆様、新年明けましておめでとうございます。

本年よりアスリートBチームの監督を務めさせていただきます高須将裕です。

アスリートB初練習は、まずチーム内での目標を明確にすべく、ミーティングを行いました。

長期、中期、短期目標を立てメンバー18名が同じ方向を向いて進むことを決めました。
子供たちは各々チームでやってきた事を話し合い内容の濃いミーティングになりました。

そして、1回目の練習は基礎を徹底することを目標にキャッチボール、特守、ティーバッティングを行いました。
「キャッチボールひとつ考えてもただのウォーミングアップでは無い。ノック(守備練習)と同じと考えて練習をすること」とコーチから指導がありました。

全てにおいて試合に繋がる練習をして欲しいと思っています。

1/20(日)4チームによる新人戦がわかさスタジアム京都であります。素晴らし大会を用意していただきました。
現時点での実力を存分に出し切りたいと思います。
アスリートBは常に「挑戦者」の気持ちを忘れずに大会に挑みます。

これからもアスリートBのご理解ご協力をよろしくお願い致します。

アスリートBチーム 監督 高須将裕

20190105_1333051

2019年1月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【初心に戻る】

20190105_133210

2019年1月5日(土) 今出川グランド

新年明けましておめでとうございます。

2019年が始まり昨年末に発表があった通り各チーム新監督を迎え、新体制での1回目の練習がスタートしました。

私は今季から中学部監督に就任する事になりました。本格的なスタートは4月からですが、3月に卒部する6年生を引き続き見させていただきます。

メンバーの中でもアカスポ中学部に来てくれる選手。

中学校の部活でやる選手。硬式のクラブチームと迷っている選手など、進路は色々ありますが、3月の卒部式までしっかりと練習してもらい次のステージに送り出したいと思います。

1回目の練習ではもう一度一から初心に戻ろうという意味もあり、「声」をテーマに練習しました。

公式戦が全て終わり気持ちに緩みがでてもおかしくない状況ですが、中学部に来てくれることが決まっている現中1が練習に入って、声をかけてプレーしてくれることで良い緊張感の中できていたと思います。

今回からM球、一般軟式用バット、マスコットバットを使用して練習しています。

ボールの大きさやバットの重さにまずは慣れることに重きを置き、今まではなかなか時間を割けなかった個人の技術練習を徹底してやっていきたいと思います。

私自身も初心に戻り、選手達とともに汗を流して参ります。

保護者の皆様。
引き続きご理解ご協力よろしくお願いします。来週もよろしくお願いします。

アカスポ 中学部 監督 稲内 基

1

2019年1月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo