【アカスポ野球の体現】

IMG_0297

2018年12月16日(日) さつきグランド

スポーツ・デポ杯 2回戦 vs田辺アルファ

初戦突破から約1ヶ月。待ちに待った2回戦がやってきました。

相手は田辺アルファさん。

昔からある歴史のあるチームです。アカスポは正捕手が受験でチームを離れ、チームリーダーでもある6年生が怪我…

その他の6年生数名も参加できない中での試合となりました。

厳しい戦いになることは想定していましたが、その中で今までレギュラーであまり試合に出れなかった6年生の奮起を期待しました。

試合は初回にキャプテンのヒットからチャンスを作り、ランナーを進め、二死二・三塁から5番バッターが粘り強く食らいつき、サードゴロ全力ダッシュから相手のミスを誘い2点を先制。

これはラッキーで取った点ではなく、常にチームの約束として徹底してきた打ったらダッシュ。それを怠ることなく実践してきたチームで取った点だと思います。

守備では5年生エース左腕がランナーを許しながらも自分の武器を駆使して粘り強く投げましたが、味方のエラーが重なり、ランナーをためて、手痛い満塁弾を浴びてしまいました。

その後はチーム投手陣全員登板で粘り強く守りました。特にこの舞台で力を発揮してくれたのはアンダースロー5年生投手。

5年生は投手陣が多く、その中でなかなか結果が出せず、登板機会もあまり与えてあげられていないという選手でしたが、ここにきて最高のピッチングをしてくれました。この1年の悔しさを来年にぶつけて欲しいと思います。

IMG_0312IMG_0313

試合結果は2-8で敗戦となってしまいました。

この結果でTチームとしてこのメンバーで戦う最後の試合となりました。

最後はミスをしてしまったり打たれたり、悔しさが残る選手もいると思いますが、この1年間、選手達には

「エラーをしたくてエラーする選手はいない」

「打たれたくて打たれる投手もいない」

ミスをしてしまった後の立ち振る舞い、態度が大事と話してきました。今回の試合でもミスがたくさん出ましたが、誰1人下を向くことなく戦いぬいてくれた事に成長を感じました。

新チームが始まった時、昨年のチームに比べると、絶対的なエースもいなければ4番バッターもいない。

そんな中、スタートしたチームでしたが、本当にキャプテンを中心にチーム全員で苦しみながらも成長していってくれたと思います。

IMG_0334

私自身も指導者として彼らから学ばしてもらうことがたくさんありました。

この1年間の公式戦結果は1勝6敗。と厳しい結果となりましたが、春の敗戦と今回の敗戦は内容が全く違います。

最後までアカスポ野球を実践し、アカスポ・アスリートの歴史の1ページを作ってくれたと思います。

4、5年生はこの1年間、Tチームで経験した事を来年は同級生に還元して欲しいと思います。

この1年間、上の学年で試合をして、色々な喜びや悔しさを経験し6年生の姿を近くで見てこれたのは君達だけです。

6年生の思いを背負い。更に上へと挑戦していって欲しいと思います。

来年は監督という立場は離れますが、君達の頑張りを見ています。

6年生にとっては残念な最後になってしまいましたが、これで終わりではありません。

あくまでアカスポでの野球は君達がこれから何十年も生きていく中での過程でしかありません。

次のステージに向けて新たにスタートを切って欲しいと思います。

最後になりましたが、この1年間最後まで温かい応援をして下さいました保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

選手達は最後まで全力で戦ってくれました。褒めてあげて下さい。

6年生につきましては、引退試合も予定しています。

卒部する3月まで引き続き責任を持ってご指導させていただきます。最後までよろしくお願いします。

本当にありがとうございました。

アカスポ アスリートTチーム 監督 稲内 基

IMG_0325image3IMG_0270IMG_0272IMG_0275IMG_0311IMG_0299IMG_0347IMG_0378

2018年12月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【ゲーム運び】

IMG_9774
129日 VS. 朱雀少年野球部

 

育成リーグは最終節を迎えました。最高気温は9℃。河川敷だったこともあり、冷たい風に何度も襲われました。相手は、朱雀少年野球部さん。結果は、212の敗戦でした。

結果的にはアカスポCは一勝もすることができませんでした。また育成リーグでは、最優秀選手賞、優秀選手賞、打者賞、投手賞、ベストナインなどがあったのですが、誰ひとりとて受賞することはできませんでした。

全体を通してみれば、Cチームは惨敗です。ですが、高いレベルの野球ができるチームとの三試合を経て、多くの学びと成長があったのではないかと思います。

当たり前のように外野へ鋭い打球を飛ばすことができる相手チームの打撃力。簡単にカウントを作り、打者を打ち取る投手力。それをきっちり守り、大量失点をしない守備力。隙を見つけてはその塁を陥れる走塁。

これらをできる相手と戦えたこと、ゲームトークや開会式・閉会式でコミュニケーションを取りあえたこと、確実に選手たちは奮起していることでしょう。

そのような対戦相手を見据えた練習をできた部分とできなかった部分とがありました。

できた部分では、二塁牽制とサインプレー。

第二節では二塁牽制でアウトを取ることができましたね。サインプレーは、第二節を終えてからの二回の練習で取り入れたものです。試合でアウトを取ることはできませんでしたが、みんなで工夫して作り上げたトリックプレーを試合で実践できて今後の糧になったのではと思います。

できなかった部分というのは、つまり、練習で時間を割けなかった部分です。ここでは、1.3の守備と2.3塁の守備を取り上げます。今回の試合では、このスパイラルから抜け出せず、失点を重ねてしまいました。結局こうなると、悪い流れをなかなか断ち切ることができません。ここは、一年を通してなかなか身に付けるのが困難でした。いわゆる「ゲーム運び」と呼ばれるものですが、試合を、試合中に、客観的に、俯瞰して捉える分析力、冷静さ、判断力を要すると私は考えています。

プロ野球選手のエースと呼ばれるような投手や甲子園で優勝するような投手が、ピンチの際に「ギアをあげる」という表現を使うのを耳にしたことがある人は多いと思います。これは、ゲーム運びの究極で、自らゲームをコントロールする力とそれに見合った球速、コントロール、変化球が必要になります。

もちろん、それを求めていたわけではありません。ですが、全員が試合の流れを認知し、行動に移せるような緊迫感・臨場感を持った練習や試合運びができたなというのが心残りです。

ですが、この一年を振り返って、5月に実施された育成大会では、6年生の助っ人選手の力を借りて戦っていたわけですので、やはり選手たちは大きく成長したなと強く思わされます。だからこそ、育成リーグではどうしても勝ちたかったです。勝って選手たちの自信につなげたかったという思いが強いです。この育成リーグの場で挑戦し、戦って惨敗した苦い記憶を忘れることなく、次のステップに進んでいきます。

最後になりますが、非常に寒い中、声援を送ってくださった保護者の皆様、大会に参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今年の練習も残りわずかですが、一秒たりとも無駄にすることなく励んでまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

アカスポアスリートCチーム監督 岡﨑 智郎

IMG_9697IMG_9701IMG_9704IMG_9711IMG_9724IMG_9720IMG_9745IMG_975420181209_121059

2018年12月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【成長に繋がるヒント】

IMG_9685

12月9日(日)をもって、アカスポ育成リーグを閉会しました。

最終的な結果はBチームは何とか優勝することができました。おめでとう。

しかしながら、2勝1敗で得失点差で僅差の優勝となり、私の中では完全優勝できなかった悔しさが残りました。

選手の皆はどうでしょう?

試合に出場できた喜び、結果を出せなかった悔しさなどそれぞれ思いはあると思います。

ここでは、閉会式で振り返りの時間を設けた理由を元に選手達に今伝えたいことを述べたいと思います。

この大会では、選手全員いつも以上に試合に出場する機会がありました。

しかし、私は試合にただ出場しただけではもったいない。選手達が試合の振り返りをする必要があると思い、

私は閉会式にて他チームと合同で振り返りの時間を設けました。

個人として「成長できた点」「まだまだ自分に足りない点」を振り返り、どう改善していくのか、他チームから意見をもらう時間を作りました。

この時間で得たものをどう有効活用していくのか。

ここに個人はもちろん、チームの成長に繋がるヒントがあると思っています。

他チームからの意見を無駄にしない為にも、今一度考え、個人の自主練習やチームでの練習に還元していってほしいと思います。

あなた達のその姿が、アカスポ訓にある「多くの人に感動を与える」ことに繋がります。

共に成長し、チーム全員が多くの人を感動させられる人間に、そしてチームになろう。

これからも宜しくお願い致します。

アカスポアスリート Bチームコーチ

山田 拓弘

444452229

2018年12月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【特別な・・・】

 20181209_113308
12月9日 吉祥院球場にてアカスポ少年野球育成リーグの最終節が行われました。
Bチームは、京都ルーキーズとの対戦となりました。
結果は、6-7で敗戦となりました。
リーグ成績が2勝1敗となり、朱雀少年野球部・京都ルーキーズと同率1位となりましたが得失点差で優勝となりました。目標は「全勝優勝」でしたので、選手たちの最終戦を終えた後の雰囲気は・・・。
しかし、閉会式にて結果が発表されたときの選手たちの表情は良かったです
自信を持って挑んだ、夏の天下一品杯での初戦敗退。
自信が過信であったことを思い知らされました。
そこから、指導方針を「ボトムアップ」に振り切りました。
選手たちで考えて戦術を決めて、サインを出し戦いました。まだまだ、口に出したいことは沢山ありますが選手たちの「気付く力」を信じてやってきました。
リーグ戦に入るまでの練習試合では、大量失点での敗戦。
「もう勝てないのではないか」と思う夜もありました。
しかし、選手たちは試合を重ねるごとに成長していきました。私も含め、まだまだ未熟者ですがこれからも成長できると信じています。
image1
ここからは、選手短評を
背番号「1」、エースとして全試合登板。特に最終節のリリーフは完璧でした。
背番号「2」、Bチームの扇の要として大活躍。MVPとベストナインおめでとう!
背番号「3」、開幕試合の先発投手としてチームに勢いを与えました。来季に期待しています。
背番号「4」、開幕試合での3安打など恐怖の2番バッターとして大活躍でした。
背番号「5」、4番バッターとしてチームを支えました。最優秀打者賞おめでとう!
背番号「6」、2節目ではスタメン落ちも、全試合で安定した守備を見せてくれました。ベストナインおめでとう!
背番号「7」、安定した守備はチームにとって欠かせない存在となりました。
背番号「8」、チーム唯一の3年生。守備でも打撃でも頑張りました。ベストナインおめでとう!
背番号「9」、開幕試合での執念のタイムリーは素晴らしかったです。
背番号「10」、キャプテンとしてチームを牽引。勝負強い打撃は素晴らしかったです。ベストナインおめでとう!
背番号「11」、Tチームとの併用となりましたが頑張りました。炎のサブマリン、期待しています。
背番号「12」、リリーフ登板にキャッチャーとしての出場。よく動きました。ありがとう。
背番号「13」、全試合出場。打撃は魅力的。ここからは守備も頑張ろう。
背番号「14」、2節目でのスタメンにBチームに来て初ヒット。素晴らしい活躍でした。
背番号「15」、思い切りの良いスイングは魅力。ここからの課題は「チャレンジとチェンジ」
背番号「16」、小さい体ながらパワフルなプレー。今後に期待です。
背番号「17」、献身的にバット引きをやる姿は見ています。これからは、練習時の実戦練習でも結果にこだわってみよう。期待しています。
背番号「18」、2節目の快投は素晴らしかったです。今後も練習あるのみ。
背番号「19」、Tチームとの併用と難しい中でしたが、野手に投手に大車輪でした。
背番号「20」、Tチームとの併用。よく頑張りました。ベストナインおめでとう!
背番号「21」、全試合でヒットを放つ活躍。6年生。最後の最後の大活躍は胸を熱くさせました。次のステージでの活躍に期待です。
背番号「22」、6年生として難しい立場でしたが、少しずつプラスの声掛けが出来始めています。次のステージでの活躍に期待です。
最後になりますが、いつも温かい声援を下さる保護者の皆様ありがとうございます。
年内最後の大会で優勝できたのは、とても嬉しく思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
アカスポ・アスリートB監督 具志堅倫護
763411111133332
2018年12月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【全員出場野球】

IMG_9596

平成30128()TKドラゴンズさんの主催である第12回きぬかけ杯に、京都ルーキーズさんと共に参加しました。

今回の冬のリーグ戦は、ディフェンディングチャンピオンという立場でしたが、今夏のきぬかけ杯では苦杯をなめているため、チャレンジャーの気持ちで臨むことを確認しました。

また、このリーグ戦は、アスリートに所属している6年生が全員参加したり、このゲームを機にチームを離れる6年生がいたり、などなど、アカスポにとって、大変意味のある舞台でした。 よって、6年生を全員出場させた上で、なおかつ勝利することが命題でした。

しかしながら、結果は、スコアで言えば、2試合とも34の惜敗でした。 やはり、これまで練習してきたランダウンプレイがうまくきまらない、攻撃において、絶対にしてはいけない牽制死をくらう(走塁でのミスは流れがかわると言われています)、ということが勝負所で出てしまいました。

この経験は、各々がこれからの野球人生で活かしてほしいと考えます。(もちろん、次の練習では修正します) とは言え、個人の成長が見られたこと、チームの一体感を感じられたことは少なくありませんでした。

普段、先発出場できない選手が先発出場し、守備でしっかりとアウトを取る。 普段、打席に立てない選手が、バッターボックスでしっかりとベストスイングする。 失点後の攻守交替の時、声をかけあってベンチに戻って来たり、ベンチの選手が声をかけて迎える。 ボールボーイ、セカンドキャッチャー、バット引きなどのベンチワークがおろそかにならない。

プレー以外の当たり前のことが、当たり前にできるようになっていました。 この日のメンバーでやるゲームは、最初で最後であり、しかも敗戦でしたが、今回の「全員出場野球」は、みんなの記憶に残るものとなったことでしょう。

残ったTチームのメンバーは、最高の準備をして、次のデポ杯に臨みましょう。

アカスポアスリート ヘッドコーチ 樫原秀文

IMG_9583IMG_9610IMG_9643IMG_9614IMG_9678IMG_9679IMG_9588IMG_9623IMG_9663

2018年12月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 【課題克服】

57E35FD2-1F70-416F-A927-ACB132FF5587

12月3日(月)

12月に入って初めての平日練習を行いました。

参加した選手の中には「次の大会に向けて左ピッチャー対策をしたい」や「投球フォームの改善をしたい」など課題を持って取り組んでいる選手が多数います。

我々コーチ陣はそのような選手達の課題克服や目標達成の為に全力でサポートしますので、「野球が大好き」「野球がもっと上手になりたい」という選手達の参加を待っています。

アカスポ総合コーチ 有水 諒

DA0556FB-62E7-4DBE-8924-03F07208B3FE

D9A2C952-784E-4F8B-88AD-430DF379C570 652C10FC-AF60-4C67-9B88-8DEC01E5A419

2018年12月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

【成長のサポート】

image1

2018年12月1日~2日

下鳥羽公園球技場にて行われた、公認D級コーチ養成講習会に参加しました。

講習会は2日間だけでしたが、講義も実技もとても身のある内容でした。

簡単になりますが、内容をお伝えしたいと思います。

まず、講義の内容としては、アカスポFCの指導対象であるU-12世代について。この世代はゴールデンエイジと呼ばれていて技術の即座の習得が可能になる年代だということ。

育成について。

U-12世代にとって重要となるのは個の育成。この世代に個人の能力を向上させることにより、今後の大きな成長に繋がるということ。

そして、実技の内容としては、講師の方がコーチ役、参加者が指導を受ける子どもという形で実技を行いました。

ゲーム

テクニック

サンプル(複合練習)

シュート

4項目のメニューで、それぞれのコーチングの仕方や練習の組み立て方、楽しませ方を教わりました。

そして、全ての項目の指導に関係することがあります。

それは「やること」です。

練習を待っている子どもがいるなら、練習の仕方を考えて子ども達により多くの練習機会を与える。

コーチの話を聞くだけ、プロの選手を見るだけでは、子ども達は成長しません。

実際に子ども達が練習することで、成長に繋がるということを教わりました。

講習会を受けて、子ども達の未来を妨げてはならない。

大人は子どもの成長のサポート。という言葉が一番心に残りました。

総合型スポーツクラブで多種目を指導するものとして、子ども達の成長を子ども達の未来に繋げる指導を心がけていきます。

アカスポFC ヘッドコーチ 木村奨梧

2018年12月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo