~子育てという役割~

 

12月も中旬、いよいよ冬が深まりはじめると、落葉樹の葉はいっせいに散り始めはじめた。

銀杏のじゅうたん。そんな風景が京都のいたる所で見られる。

IMG_20141214_142238

落葉樹は初冬から老化が始まる。働きが止まると葉の付け根の部分に離層という新しい組織が作られて、葉はそこから枝を離れて落ちはじめる。

役目を終えて落ちた木の葉は、菌や虫たちに分解されて木の養分になる。肥料をやらなくても森林が育つのは、毎年落ち葉が供給されているからだ。

 

自然界には役割がある。もちろんも人間界にも役割がある。

 

子育てという役割を担っている「今」は身を削ってでも、子どもに栄養を与えたい。

教育という役割を担っている「今」は子育てに奮闘している保護者の気持ちに寄り添い、身を削ってでも、子どもたちを成長させていきたい。

 

子育てなんて誰にも褒めてもらえないし、なかなか認めてもらえない。

でも、子どもの成長というかけがえのない対価がある。

 

ご縁を頂いた全ての子どもを一人前な木に育てるよう、精一杯役割を全うしたい。そして、良い社会をつくりたい。

IMG_20141214_142641-EFFECTS

 

 

2014年12月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~左手のにおい~

 

たまたま息子と平日に休みが重なる。

男2人で街中を歩く年齢でも無くなってきたし。何しようか…と相談。

ふと昨夏のイワナ釣りを思いだす。

 

でも寒いな…室内で釣り堀を探せば…あるある大阪には沢山ある。

初冬の寒空の下、月曜朝イチから寝屋川市を目指した。

京都から小一時間。着いたらお客は誰ひとりいない(よし!予想通り)でも、お店の人もいない。5分ほど2人で勝手にお魚鑑賞。

IMG_20141208_114857

どうやら店主は犬の散歩に行っていたようだ。鍵開けっ放し…まあこの街の平和度が分かる。

人情たっぷり店主のおじさんは、一生懸命に釣り方を教えてくれる。

時には厳しく、そして優しく。笑顔が素敵だった。

IMG_20141208_122558IMG_20141208_122738

冬場の釣堀は水温が下がるため釣れない事も多いが、ここはよく釣れる。1時間弱で小さい金魚から大きい鯉まで10匹以上釣れた。

こんな時はいつも子どもの方が上手。

それを見ておじさんが言う「大人はあれこと考えすぎるから釣れない、子どもは純粋に釣ることだけに集中するから上手」だと。

確かにそのとおり。邪念を振り払い。無の状態で釣りをすると数匹釣れた。

プラス心もリラックスできる。

 

月曜日の休日。どこにでもある街中で、人情あふれるおじさんと釣堀との出会い。息子と2人有意義な時間を過ごすことできた。

 

さあ帰ろう。あれ…左手がくさい…。餌のにおいとお土産を持って帰路についた。

2014年12月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 ~夢の乗り物~

 

う~~~ん十年ぶり。

大阪南部、河内長野市にある関西サイクルスポーツセンター。小さい頃、父親に連れて行ってもらった思い出がある。

その時の楽しさや嬉しさは今でも鮮明に覚えている。「こんな楽しい乗り物があるなんて!」と強烈なインパクトがあったのかもしれない。

IMG_20141130_151029

5人乗りの自転車やティーカップ自転車。変わり種の乗り物が縦横無尽に走り回っている。

子どもたちは大はしゃぎ。まわりの大人たちはもっと大はしゃぎ。

もちろん私も大はしゃぎ。

12月なのに、いつのまにか半袖。

時代が変わっても、この場所には変わらず夢がある。

2014年12月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo