~月にハシゴ~

thumb5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれはなに?」

夜空に大きくて、黄色いものが浮かんでる。子どもには月と分からないくらいの色や大きさ。

「お月さんが近い!はしごをかけていけるかも!」

真剣に言う眼差しは、まっすぐ月の方を向いている。

子どもは見るもの、気づくものにストレート。そんな時、同じストレートな感性で答えたい。

「本当に近いね!一緒にはしごで行きたいね!」

昨晩、そんなやりとりが車中であった。

 

 

そういえば、関東にある私立小学校の入試でこんな問題が出題されたようだ。

~この中で、本当の月に無いものを見つけて✖をつけましょう~

Microsoft Word - 文書 1

う~~~ん。

その小学校が出題する意図も分かるが・・・

真ん中に✖をつける事は残念だ。

「もしかしたら、いるかもしれないよ」

現実も大切だけど、やはりこどもの「感性」を大切にしたい。

代表 木村

2014年9月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo

 拝啓 サンタクロース様

 

平素は私共にご理解、ご協力賜り誠にありがとうございます。

毎年、9月頃から年末にかけて貴殿におかれましては多分のご配慮を頂戴し、感謝する次第でございます。

本日も使用させていただきました。

 

 

サンタクロースはちゃんとしている子のところしか来ないよ!

 

 

という期間限定の魔法のお言葉。

 

また、本日に至っては自宅近くまでご足労頂戴し、恐縮する次第です。

そこで、使用させていただきました。

 

 

あ!サンタクロースさん窓から見ていたよ!今の見られていたら今年は来てもらえないじゃないかな…

 

という期間限定の魔法のお言葉。

 

毎年、子どもたちには夢と希望と絶望をご享受賜り、感謝する次第です。

今後共、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

敬具

 

さて…

 

サンタクロースって本当にいるのかな?

子どもたちから質問を受けたことがある。

 

自分はいつからサンタクロースの存在を疑うようになったのかな。

 

でも、いると信じたほうが幸せだ。夢がある。

子どもたちには、いつまでも信じていてもらいたい。

c0033858_10452738

 

2014年9月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aca-spo