~思いやりサッカースクール~

image2

2018年9月22日(土)アカスポ南サッカースクール

本日も天気が悪い中での練習となりました。しかし、こういった時にこそ出来る練習をしました。

芝は濡れるとボールがよく滑ります。トラップやパスなど普段の芝に比べると凄く難しくなります。

まずは基本のパス練習。
遅いボールは止まり、早いボールはいつもより早くなります。
ボールに合わせて上手くトラップをするのが難しそうでした。

さて、サッカーをやっているみなさん
パスとはどういうのがパスなんでしょうか。

サッカーは1人では出来ません。
普段のパス練習でも必ず相手がいます。

相手の事を思って考えて蹴る。
これをパスといいます。
適当に蹴ってるだけではパスとはいいません。

サッカーは1つのボールを敵と奪い合い仲間と共有して点を取る。
思いやりが凄く大切なスポーツです。

普段の練習でもただ蹴るだけではなく色々考えながら蹴ってみましょう。

選手達の成長を我々コーチ陣は支え続けそして楽しみにしています。

アカスポ京都南サッカースクール

ヘッドコーチ 木村奨梧

2018年9月25日